今日の絶景

今日の絶景

モンゴル帝国の繁栄を偲ばせる
大草原に忽然と現れる仏教寺院群

Magnificent View #843
エルデネゾー(モンゴル)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 モンゴル中部の街ハラホリンは、旧名カラコルムで知られる、モンゴル帝国の首都だった場所。ここはかつて、イスラム教やチベット仏教、キリスト教などの宗教が共存し、アジア人からヨーロッパ人までさまざまな民族が暮らすコスモポリスでもあった。

 今は見渡す限りの草原が広がるのどかなこの地で、かつての繁栄を物語っているのが、エルデネゾー。四方を108の白い仏塔が囲む中に、モンゴル式やチベット式の寺院が立つ、モンゴル最古のチベット仏教寺院群だ。

 1586年に完成し、最盛期は62の寺院と500棟の建物を擁し、1万人の僧侶がここで修行していたという。だが、社会主義政権下は宗教が抑圧され、1930年代に多くの寺院が破壊されてしまった。

 1944年以降は一転して国家特別保護遺跡に。さらに、2004年には、オルホン渓谷の文化的景観のひとつとして、世界遺産にも登録。現在は11の寺院や仏塔などが残り、多くの参拝者が訪れている。

2016.01.21(木)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ