今日の絶景

今日の絶景

ノルウェー王妃もお忍びで訪れる
壮大なフィヨルドの見どころは?

Magnificent View #463
ガイランゲルフィヨルド(ノルウェー)

(C) Jochen Schlenker / Masterfile / amanaimages

 標高約1500メートルの山々に挟まれ、約16キロにも連なるガイランゲンフィヨルド。ここはノルウェーを代表する観光地であり、ネーロイフィヨルドと合わせたフィヨルド群として、ユネスコの世界遺産に登録されている。

 見どころとして特に有名なものは、ネーミングもユニークないくつかの滝。

 「花嫁のベール」と呼ばれる滝は、岩の端を繊細に水が流れ、日光に照らされると岩肌の上に薄いベールがかかっているように見えることから、そう名付けられた。

 「七人姉妹」と呼ばれる7筋の滝や、酒瓶の形に似た「求婚者の滝」もある。この2つの滝はフィヨルドを挟んで向かい合っているが、「求婚者」が「七人姉妹」に言い寄ろうとしているという伝説も。

 フィヨルドを眺める眺望台も各所にあり、なかでも絶景といわれているのが、フリーダールスユーエ展望台だ。この景色を気に入り、お忍びでたびたび訪れるソニア王妃から寄贈されたフィヨルド・シート(木と石で作られたイス)が備えられ、ゆったりと座って景観を楽しむことができる。

2015.01.06(火)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ