この夏、必見! 花火写真家が案内する全国花火大会ベスト20

この夏、必見! 花火写真家が案内する全国花火大会ベスト20

まるで絵巻物の世界に迷い込んだよう
水中花火200発が花開く安芸の宮島

宮島水中花火大会(広島県)

水中花火(すいちゅうはなび):「厳島神社」の「大鳥居」の背景に半球状に開いているのが水中花火です。直径約320mもの大半球になっていますから、とにかく大輪の大きさとその「音」の響きがズシンと体に響いてきます。でも誰がこんな演出を考えたのでしょうか。社殿が 女性的な雰囲気なのに対して、「ドーン」大きな花火は男性的でもあります。

 世界遺産「厳島神社」を舞台にした海上の花火大会です。

 大会名ともなっている「水中花火」とは、水中で開花させる花火のことで、通常は球形に開く花火ですが、水中で開花するため下半球は水面下に没して、上の半球のみが水上に現れます。

 投じられる水中花火は200発で、そのうちの100発が10号玉だから驚かされます。10号玉は、直径約30センチで重さ約9キロですが開くと、直径約320メートルもの大半球になります。それが、100発ともなると「ドーン」、「ドーン」、「ドーン」と海流に逆らいながら、うねりとしぶきを浴びせつつ轟音がこだまします。

 沖合400メートルの海上に浮かぶ船上で点火された花火は、人の手で海上に投げ込まれ、「ドーン」、「ドーン」と花火が開くたびに、朱色の大鳥居や、紅の社殿のシルエットの明暗が、幽玄な光彩に照らされながら、やわらかくもありくっきりとも浮かび上がってきます。また、沖合には観覧船が約500隻も浮かんでおり、花火が開くたびにシルエットが浮かび壮観です。まるで平安時代の絵巻物をみているような趣きです。

 海水に満たされ、その上に浮かんでいるかのような社殿からは、その底を這うような波の満ち引きの音が聞こえてきます。そして水中花火が花開くと、その半球が大きくなったり、小さくなったり、大小さまざまな色彩の妙を見せてくれます。花火の開くタイミング、その間のとり方にも、こういう空間だからでしょうか、日本的優美さを感じずにはいられません。

 1971(昭和46)年が開催初年。単発の水中花火はもちろんですが、海上スターマインにも感動します。

大会概要
【大会名称】 宮島水中花火大会
【開催場所】 広島県廿日市市宮島町 嚴島神社大鳥居沖合の海上
【観覧席】 有料観覧席あり(要予約)
【アクセス】 JR山陽本線宮島口駅下車または広島電鉄宮島口駅下車、宮島口桟橋より宮島港行きフェリーで10分 瀬戸内シーライン高速船広島港から宮島港行き約23分
【URL】 http://www.miyajima.or.jp/event/event_hanabi.html
【問い合わせ】 宮島水中花火大会実行委員会
      TEL:0829-44-2011 FAX:0829-44-0066

泉谷玄作(いずみや げんさく)
写真家。1959年 秋田県に生まれる。花火の撮影をライフワークとする。現代美術作家、蔡國強(Cai Guo-Qiang)氏の依頼で、2002年MoMA(ニューヨーク近代美術館)主催の「動く虹」の花火や、2003年ニューヨークセントラルパーク150周年記念の「空の光輪」の花火などを撮影。著書に、『心の惑星-光の国の物語』(クレオ)、『日本列島 四季の花火百華』(日本カメラ社)、『静岡県ふくろい遠州の花火』(日本カメラ社)、『花火の図鑑』(ポプラ社)、『花火の大図鑑』日本煙火協会/監修 (PHP研究所)、『日本の花火はなぜ世界一なのか?』(講談社+α新書)など、花火に関するもの多数。日本写真家協会会員。

2014.07.13(日)

文・撮影=泉谷玄作

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ