使用中の姿は
家族にも見せられないけれど
 

[パタカラ プレミアムセット]
口の中から器具を引っ張ることで、口元や頰の筋肉を鍛えて、顔全体を引き締めリフトアップをかなえる。エクササイズの効果を高めるフィップル付き。9,900円/パタカラ

 親にもらった顔をいじるのは……という言い方が未だにあるが、親にもらうのは多分口元。

 口元は呼吸をし、ものを食べ、言葉をしゃべる。人間の知性と品性、人間性の全てがそこにそこらから発せられる最も重要な存在の発露。

 だから口元を変えると、それこそ親が見ても判らなくなってしまうほど、別人格になってしまうということ、そこまでを肝に銘じて自分の口元と向き合いたい。

[スリムマウスピースストロング]
伸縮型のマウスピースを挟み、口を水平に伸縮させることで、筋肉に優しく負荷をかけるトレーニング器具。口角が上がり、表情まで明るい印象をつくる。850円/ノーブル

 そこで考えてみたのは、口元のトレーニング。口元の衰えは、長い時間をかけてじっくり訪れ、その分だけ改善が難しい。

 だから日頃よりの、口元アンチエイジングを今から習慣にすべきなのかもしれない。よくいわれるように、「あいうえお」を精一杯大きな口でくっきりはっきり長めにいう、口の体操も毎日ちゃんと続ければ効果的だが、もう少し負荷をかけないと、本気のたるみ防止はできないと考えるなら、ちょっとユニーク過ぎて、家族にも使用中の姿は見せたくないが、口元用のエクササイズ機器を使うのも効果的。

 パタカラは、この道のロングセラー。口にくわえたツールを自ら引っ張るというシンプルなもの。

[フェイシャル フィットネス パオ]
年齢の出やすい口元の筋肉を鍛えるトレーニングアイテム。口にくわえてリズムよく振ることで、表情筋を鍛えてほうれい線やたるみをケアできる。12,800円/MTG

 ご存じ話題のベストセラー、パオは、長いウイングを羽のようにパタパタさせる。唇に挟んで収縮運動を行う簡易的なものもあるが、いずれも続ければ口元が引き締まる。

 こういうことで見た目の衰えがはるかに軽減されるならばやるべきだ。人間の顔は、やっぱり下半分で衰える。加えて、プチだろうがなかろうが、整形が非常にリスキーなのは、人間の魂が宿った部位ならばこそ。

 その口元をいじらずに美しさを全うしたい。

齋藤 薫 (さいとう かおる)

女性誌編集者を経て美容ジャーナリスト/エッセイストに。女性誌で多数の連載を持つほか、美容記事の企画、化粧品の開発・アドバイザーなど幅広く活躍。『“一生美人”力』(朝日新聞出版)、『されど“男”は愛おしい』(講談社)など、著書多数。

Column

美容ジャーナリスト 齋藤 薫の美脳トレーニング

美容記事の企画、化粧品の開発・アドバイザーなど幅広く活躍する、美容ジャーナリスト・齋藤薫が「今月注目する“アイテム”と“ブランド”」。

2019.05.27(月)
文=齋藤 薫
撮影=釜谷洋史

CREA 2019年6月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

なんでこんなにパンが好き?

CREA 2019年6月号

おいしくて楽しくてみんなが夢中……でも
なんでこんなにパンが好き?

定価780円

毎日楽しめる、皆でシェアできる、そのままでも、調理してもおいしい、しあわせの香りがする……。パンってやっぱりいいですよね。それにしても、ブームが終わらず皆の心を掴んで離さないのはなぜ? そこで今回は、パンを愛する人たちに“好き”の理由を伺い、旬のトピックスを徹底調査。保存版のパンガイドができました。