新着! 世界のホテル・インフォメーション

新着! 世界のホテル・インフォメーション

チャペルにオーロラが舞う
「名古屋東急」のウエディング

“北欧の聖なる森”をコンセプトにチャペルを改装

 今年8月に開業25周年を迎えた「名古屋東急ホテル」が、ウエディング関連施設のリニューアルを行った。

 このたびグランドオープンを果たしたのは、“北欧の聖なる森”をコンセプトに新装された「チャペルフェアリア」と、ホテル最上階に誕生した少人数向けパーティスペース「スカイバンケット」である。

チャペルフェアリアは、都会の真ん中にいることを思わず忘れてしまう屋外型独立チャペル。オーロラ演出は、一生忘れることのできない素敵な記憶を刻みつけてくれるはず

 チャペルフェアリアは、ブライダル業界では国内初となるオーロラ演出を導入。このオリジナルのエフェクトによって、チャペルの天井は、神秘的なオーロラの舞う大空へと一変する。

 このオーロラ演出のプロデュースを手がけたのは、光・環境造形作家であり、レーザーアートの権威として玉川大学芸術学部教授も務める田中敬一氏。神聖な白いチャペルで新郎新婦が永遠の愛を誓うその瞬間、会場の照明が暗くなり、場内に設置されたレーザー装置と映像プロジェクターが夢幻のオーロラを頭上に映し出す。まさにロマンティックこの上ない結婚式だ。

<次のページ> VIPが愛したスイートで絆を深める少人数披露宴を

2012.10.03(水)

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ