日本の原風景がひろがる京都の奥座敷・京都丹後エリアに、新感覚体験型リゾートがオープンした。全室プライベートガーデンとプライベートプール付きの「ヴィラ」と1張ごとに異なるコンセプトの「グランピングテント」の2つのタイプの宿泊施設が選べる。


ラグジュアリーな
2タイプの宿泊施設を完備

 京都北部に位置する京都丹後エリアは、日本三景のひとつである天橋立を中心に、数々の神話や歴史が残る宮津市、ノスタルジックな町並みが残る舟屋で有名な伊根町、約300年の歴史がある丹後ちりめんで有名な与謝野町、風光明媚な自然と豊かな食文化が魅力的な京丹後市などがあり、古き良き日本の魅力を再発見できるエリアだ。

 そんな日本の原風景がひろがる京都の奥座敷・京都丹後エリアに、新感覚体験型リゾート「Siena Hills(シエナヒルズ)」が2018年7月21日(土)にグランドオープンした。

広大な敷地内には「ヴィラ」と「グランピングテント」の2つのタイプの宿泊施設が並ぶ。裏手には、世屋川のおだやかな渓流が流れ、ニジマスや鮎などの川魚が見られることも。大自然ならではの遊びを体験できる。

 コンセプトは「Good old days & Good new days~ 懐かしいと新しいが融合する地・奥京都~」。京都丹後が潜在的に持つ“懐かしさ”と、「Siena Hills」の近代的でラグジュアリーな空間という“新しさ”を融合させることで、京都丹後の真の魅力を存分に堪能してほしいとの想いが込められている。

 このリゾートの最大の特徴は、2つの異なるタイプの宿泊施設を持つこと。

 そのひとつが、別荘感覚で贅沢なプライベート空間を堪能できる「マリントピア・ザ・スイート」だ。1棟貸しタイプの全10棟のヴィラには、全室プライベートガーデンとプライベートプール付き。

 広大なプライベートガーデンではバーベキューが可能で、優雅なグランピングが楽しめる。スタンダードからスイートまでタイプは多彩で、専用ドッグランを整備した、ペット同伴OKのヴィラも用意されている。

「マリントピア・ザ・スイート」のヴィラは、スタンダードタイプでも750平米の広さを誇る(定員6名)。
全室プライベートガーデンとプライベートプール付き。さらにキッチン完備なので、プライベートパーティーにもおすすめ。
オプションメニューとして、出張料理をオーダーができるのもうれしいサービス。

 もうひとつのタイプが、1張ごとに異なるコンセプトのアートワークやインテリアを施した「グランドーム京都天橋立」。こちらはテントタイプで、近未来型のフォルムが特徴的な「ドームテント」、サイズ違いのドームテントを結合させた「TRIPLE BASE 」の全12張。

テント内には空調も完備されているので、シーズンを問わず快適に過ごすことができる。シャワールームもあり。

 全テントに備わるプライベートデッキでは、バーベキューが可能。さらにテントエリアの横に流れる川では、川遊びが楽しめるし、夜は裏山に生息するホタルの鑑賞、キャンプファイヤーなどもできる。日帰り利用もできるので、アウトドア好きにはこちらがおすすめ。

バーベキュー、キャンプファイヤーは、大人も子どもも楽しめる、キャンプの定番イベント。家族連れや大勢の仲間と過ごすのにうってつけ。

 ヴィラタイプの「マリントピア・ザ・スイート」、テントタイプの「グランドーム京都天橋立」、両施設ともに、食材以外の宿泊環境はすべて揃っているので、手ぶらで気軽に贅沢な非日常体験を楽しむことができる。

 また敷地内には、宮津日置に湧き出る源泉「金温泉」を引いた貸し切り風呂や、チャペルなどの施設も。

 一緒に行く仲間や用途によって、多彩な使い方ができる新感覚のリゾートでオンリーワンの休日を叶えて。

シエナヒルズ

所在地 京都府宮津市字日置4045
電話番号 0772-45-1073
http://www.siena-hills.com/

Column

至福のホテル最新ニュース

ラグジュアリーなリゾート、洗練されたシティホテル、和みの温泉旅館……。
世界の津々浦々から、とっておきの最新情報をお届けします!

文=立花奈緒(ブレーンシップ)