気になる世界の街角から

気になる世界の街角から

ロクシタンの日本未上陸スパも!
マカオで進化中の豪華ホテルスパ3選

ゴージャス、日本未上陸、アジア初……
マカオの注目スパ

ザ・スパのカップル用トリートメントルーム。(C)Wynn Palace, photo by Roger Davies

 マカオでは、21世紀に入って以降、国際的な高級ホテルが相次ぎ進出しており、その多くが趣向を凝らしたスパ施設を備えています。カジノのイメージが強いマカオですが、豪華スパの競演も見逃せません。

 今回、数あるスパ施設のなかから、日本人観光客にとって注目すべき特徴をもった3つの施設についてレポートしたいと思います。

#01 王族気分を味わえる
マカオ最大規模のゴージャススパ
「ザ・スパ」@ウィン・パレス

エントランスからトリートメントルームに続く廊下はまるで宮殿のようなゴージャスな雰囲気 。
(C)Wynn Palace, photo by Barbara Kraft

 2016年8月、コタイ地区にオープンした大型IR(統合型リゾート)「ウィン・パレス」。その名の通り、宮殿をイメージした豪華絢爛なリゾートに仕上がっています。こちらの客室数は1700室と、マカオの大型IRのなかでは一般的といえる規模ですが、スパ施設に限れば、マカオ最大となる4497平米の広さを誇ります。

 カジノ付きの大型IRですが、スパ施設は喧騒とは無縁の落ち着いた雰囲気が漂うリゾート3階に位置しています。

 入口はガラスの扉になっており、中国の伝統的な宮殿をイメージしたという、正面に大きなクジャク、左右に狛犬が並ぶ一直線に伸びる廊下が印象的です。

共用スパゾーンにある、まるでスイミングプールのような巨大なジャグジー。(C)Wynn Palace, photo by Barbara Kraft

 廊下の左右両翼に男女別の共用スパゾーンが広がっています。入口から廊下を見ただけでは、施設の大きさを実感することができなかったのですが、スタッフに案内され、スパゾーンに入ると、その規模に驚かされました。最初にロッカールーム、その先に大きなソファとテーブルを配したラウンジ、さらにその奥にプールといってもいい巨大なジャグジーにスチームサウナ、ウォーターエアベッド、シャワーブースなどの水回りを集めたスペースが続きます。

 ここでは、フレッシュフルーツジュースやナッツなどのスナックが提供されるほか、レッドLEDマスクと呼ばれるフェイスケアマシンを自由に利用することもできます。1日15分の使用でコラーゲンを生成し、美肌効果が得られるとのことなので、ソファに寝転びながら試してみてはいかがでしょうか。

美肌効果が期待できるというレッドLEDマスク。

 共用スパゾーンは施術の前後に自由に利用することができます。もちろん、料金は施術料金に含まれています。ガウンのレンタルもあり、水着を持参すれば、ホテルゲスト用の屋外温水プールを利用することができるのも嬉しいところ。施術の予約時間より早めに到着し、存分にファシリティを満喫するのをおすすめします。

 施術は22室ある個室タイプのトリートメントルームで行われます。プライバシーを重視したいという方のためには、施術室のほか、ジャグジー、サウナ、トイレさらに、独立したプライベートのウォーターセラピーゾーンも備えたVIPトリートメントスイートが用意されています。

 今回、筆者は男性向けというシグニチャーパッケージメニューの「エンペラー(皇帝)」を体験してきました。ホットストーンを使ったボディマッサージ、頭皮と脚のマッサージ、フェイスケアとネイルケアがセットになったもので、価格は120分で3,200パタカ(約45,000円*)。女性向けには180分 4,300パタカ(約60,500円*)の「エンプレス(女帝)」コースがありますが、いずれも性別に関係なく選択可能とのこと。

 「エンペラー」の場合、マッサージとフェイス・ネイルケアをそれぞれ担当する2名のセラピストが付きます。ホットストーンは熱すぎず、適度な温度に保たれており、じわじわと体内に染み入る感じで、全身の緊張感がほぐれ、完全にリラックスした状態に。

 フェイスケアは、トニックを使った顔の引き締めを図るものでした。マニキュアとペディキュアで爪もピカピカに仕上げてもらい、贅沢な気分に浸ることができました。なお、セラピストとのコミュニケーションは、簡単な英語のやり取りで大丈夫です。

 こちらの施設では、マッサージやスキンケア単体のメニューも10種類以上用意されており、価格設定も60分 1,000パタカ(約14,100円)程度のものが多く、お手頃となっています。オープン間もないとあって設備も真新しく、共用のスパファシリティを利用できることも考慮すると、大変コストパフォーマンスが良いといえるでしょう。ちなみに、スパアメニティは英国王室御用達の「モルトンブラウン」でした。

VIPトリートメントスイート。(C)Wynn Palace, photo by Barbara Kraft

The Spa at Wynn Palace(ザ・スパ・アット・ウィン・パレス)
所在地 澳門路氹體育館大馬路 永利皇宮3樓
営業時間 9:00~22:30
定休日 無休
電話番号 8889-8889
http://www.wynnpalace.com/jp/amenities-n-spas/spa

<次のページ> 日本未上陸のエスプリ香るおしゃれスパ

2017.05.25(木)

文・撮影=勝部悠人(マカオ新聞)

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ