知ってトクするトラベル・インフォメーション

知ってトクするトラベル・インフォメーション

フランス・リバークルーズに2つの新航路
優美なる客船で6泊7日の旅を

 ホテル、列車、クルーズ、サファリなど、世界中でラグジュアリーかつユニークな旅を提案するベルモンドが、この夏フランスにおいて2つの新たなプランをスタートさせる。

ベルモンドがフランスで有する5隻のなかのひとつ「ベルモンド ナポレオン」は、タンとアルルの間を周航する。2017年夏には2隻が新たにデビューし全部で7隻に。
陸に上がって街を散策したりワイナリーを巡るなどのアクティビティも豊富。

 2017年夏に登場するクルーズシップ「ベルモンド リラ(ライラック)」「ベルモンド ピヴォワンヌ(シャクヤク)」は、それぞれアルザス地方、シャンパーニュ地方へと航路をとり、美しいフランスの田園風景を眺めながら、ゆったりとした6泊7日の旅時間を堪能することができる。

水面から眺めるフランスの美しい風景。

 ベルモンド リラが進むのはフランス北東部、アルザス地方の中央を流れる、マルヌ川とライン川を結ぶ運河。アルスヴィレからストラスブールへの旅だ。ルッツェルブールやサヴェルヌといった、ガイドブックの目次ではなかなかお目にかかれない小さな村や街を訪れ、アルザス地方の食都ストラスブールへと向かう。

リラ(ライラック)をイメージさせる優しいパープルがゲストルームを彩る。
川面の爽やかな風をダイレクトに感じるオープンエアのダイニング。

 ベルモンド ピヴォワンヌで旅するシャンパーニュ地方は、誰もが知るシャンパンの産地だ。パリから電車で約30分のモーからマルヌ川とそれに並行する運河を進み、シャンロン・アン・シャンパーニュを目指す。

 船上から見る運河沿いの美しい街並、一面がブドウ畑の丘陵地帯の景色は、一生忘れられない思い出となるだろう。かの有名なノートルダム大聖堂がある歴史の街ランスのほか、華麗な庭園で知られるヴォー・ル・ヴィコント城へも立ち寄る。

シャンパンを意識したロマンティックな色調。
オープンデッキで食後のひとときを過ごしたい。

 どちらの船も浴室付きのキャビンを4室備え、最大で8名のゲストが旅路をともにする。スイミングプールが設置された、オープンデッキでの他愛のないおしゃべり。片手にはもちろんシャンパンを。そして目を外に向ければ、緑豊かな水辺の景色が左右にゆったりと流れていく。いままさに、流れ去るこの時こそが至福であることを実感するだろう。

左:旬の食材を盛り込んだフランス料理を。
右:船上でいただくシャンパンは格別。

 フランスの魅力的な地方都市を巡る、最新のクルーズシップで行く6泊7日の旅。8名乗船時なら食事やサービスなどの費用をすべて含めたオールインクルーシブで1名5,200ユーロより。この夏、優雅なリバークルーズの旅をプランニングしてみては。

ベルモンド
http://www.belmond.com/ja/

2017.03.13(月)

文=CREA WEB編集室

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ