新着! 世界のホテル・インフォメーション

新着! 世界のホテル・インフォメーション

ペルー史上初の豪華寝台列車が
2017年5月から運行をスタート!

高地にたたずむ古代王国と自然を満喫!
ベルモンド アンデアン・エクスプローラー

 世界中の魅力的なデスティネーションで、現在45のホテル、列車、リバークルーズなどを運営し、ラグジュアリーな旅を提案し続けている「ベルモンド・リミテッド」から、ホットなニュースが届いた。

 2017年5月より、ペルー初となる豪華寝台列車「ベルモンド アンデアン・エクスプローラー」の運行を開始すると発表。地上で最も標高が高いルートで、チチカカ湖から世界遺産のアレキパまで、驚異的な自然と古代王国の謎が残されたアンデス地方を1泊、または2泊で巡る列車の旅が楽しめるようになる。

南米初となる豪華寝台列車「ベルモンド アンデアン・エクスプローラー」は、2017年5月より運行スタート。世界有数の高地にたたずむ古代王国、ペルーの驚異的な自然の美しさを満喫できる。

 この豪華寝台列車「ベルモンド アンデアン・エクスプローラー」は、ゆったりとしたパーソナルスペースを確保する34室の寝台キャビンのほか、2両の食堂車、ラウンジ・カー、展望車で構成される。

寝台キャビンは、スイート/ダブル、ツイン、2段ベッドのタイプを用意。それぞれの室内にはシャワーが完備。全34室。

 寝台キャビンは、ゲストが世界でも有数の美しい自然と文化との結びつきを体感し、アンデス地方を満喫できるようなデザインがコンセプト。アルパカのやわらかなアイボリー色、アンデスのスレートのグレーなど、南アメリカ由来の落ち着いた自然のトーンを使い、ゲストがリラックスして旅を楽しめるようにデザインされている。

 列車の旅に彩りを添える料理は、クスコの「ベルモンド ホテル・モナステリオ」のシェフが監修。アンデス地方の新鮮な素材をふんだんに使い、カラフルで季節感のあるメニューを提供する予定だという。また、オープンエア・デッキの展望車では、ダイナミックな景色を爽やかな飲み物とともに楽しむことができる。

居心地のよさそうなラウンジ・カー。ピアノの生演奏が流れる中、カクテルなどを飲みながらリラックスできる空間となる。

 さて、このペルーの神秘をめぐる列車の旅では、4種類のコースが設定される予定だ。

 そのひとつが、2泊3日の「ペルビアン・ハイランド」。このコースでは、インカ帝国の古都・クスコを出発し、標高4800メートルの世界一高い平原を経て、チチカカ湖畔のプーノから湖上に浮かぶ島々の探索。そして、世界遺産に登録されているアレキパへと向かう。

 また、「スピリット・オブ・アンデス」では、チチカカ湖からクスコまで、アルティプラーノ高原地帯を1泊2日で横断する。

ペルー高原地帯の最古の壁画が現存するサンベイ洞窟。
バロック建築が美しいアレキパの街は、火山で有名な「白い街」としても知られる。
インカ帝国発祥の地、チチカカ湖。

 「ベルモンド」では、ペルー国内で運営する5軒のホテルと、この豪華寝台列車「ベルモンド アンデアン・エクスプローラー」を組み合わせて、ペルーの魅力をあますことなく堪能できる旅を提案してくれる。

 列車の運行開始は2017年5月から。来年の旅先に、ぜひペルーを検討してみてはいかがだろう。

ベルモンド・ジャパン
電話番号 03-3265-1200
URL http://www.belmond.com/ja/

2016.08.10(水)

文=立花奈緒(ブレーンシップ)

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ