今日の絶景

今日の絶景

香港の発展に伴走してきた教会では
多数の言語を用いて礼拝が行われる

Magnificent View #1261
聖ヨハネ座堂(香港)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 聖ヨハネ座堂は、1848年に完成したイギリス国教会寺院。かつてイギリスの植民地だった香港には教会が多くあるが、現存するなかではここが最も古い。

 位置するのは、高層ビルが立ち並ぶセントラル地区。ビジネスマンが行き交う金融街に佇むゴシック様式の建物は、凜として美しい。

 堂内に入れば、祭壇背後のキリスト像や美しいステンドグラスに目を奪われる。内装が質素なのは、建設当時の教会建築の流行なのだとか。

 ここは、香港の近代史を見守ってきた建物でもある。第二次世界大戦中は日本軍に占領され、日本人倶楽部として利用されたこともあった。戦後、礼拝が再開。国際都市らしく、英語、広東語、北京語、フィリピン語などで各国語で行われている。

2017.03.14(火)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ