Steiff(シュタイフ)とMEDICOM TOY(メディコム・トイ)がコラボレーションした BE@RBRICK(ベアブリック)「Steiff BE@RBRICK 70PB 1000%」が登場します。

株式会社MS1880(所在地:東京都港区南青山、代表:西本学、以下「MS1880」)は、シュタイフ公式オンラインショップでの抽選販売、5/25、26のミッドランドスクエアにおけるポップアップでの販売を行います。

Steiff BE@RBRICK 70PB 1000%

1000%のベアブリック(全長70cm)がシュタイフ製のコスチュームを纏ったスペシャルモデル。

コスチュームを脱がせると、全身にモヘア柄やトレードマークである左耳の「ボタン・イン・イヤー」をプリントした本体が現れます。(コスチュームは脱着可能)

名称の「70PB」は、全長70cm、Plush=モヘア、 Beweglich=ドイツ語で「動かせる」の意味で頭部や手足などがジョイントで動かせることを現しています。 これは、1902年にシュタイフが発明したテディベアの原型(世界初のテディベア)と言われる「Bear 55PB」という名称に由来しています。

特徴

コスチュームに使われている生地は、1904年からシュタイフにモヘア生地を供給しているシュルテ社(現シュタイフ シュルテ)が製造し、RMS認定を取得している最高級のモヘアが使用されています。

※RMS(Responsible Mohair Standard)とは、アンゴラヤギと土地の管理を実装した農場で生産されたモヘア原料が、その後の最終製品に至るまですべての製造工程において、正しく使われ、管理されているかのトレーサビリティを証明する国際的な認証基準です。

ベアブリックとは・・・

世界中で愛され続けるテディベア生誕100周年に、「デジタルなイメージのテディベアを作る」というコンセプトで誕生した約70mmのクマ型ブロックタイプフィギュア。9つに分かれる本体のパーツ以外には何も付け加えず「プリントだけでデザインする」というルールで作られています。 この「限りない表現の可能性」に共鳴し、可愛らしいフォルムに魅せられた 多くのアーティストやブランド、企業、キャラクターなど多彩なコラボレーションを展開するBE@RBRICKは、これまでに 数千種類のアイテムをマーケットに発信し続け、「アートなトイ」として世界中に多くのファンを獲得しています。

商品概要

【Steiff BE@RBRICK 70PB 1000%】

サイズ 70cm/素材 アウトフィット=モヘア、本体=ABS

日本限定

税込 638,000円(税別本体価格 580,000円)

2024年5月25日(土)発売

販売場所

■シュタイフ日本公式サイトhttps://www.steiff.co.jp/にて

抽選販売を行ないます。

詳細は4/24公開の特設サイト(https://www.steiff.co.jp/bearbrick/)にてご確認ください。

■ミッドランドスクエアでのシュタイフPOP UP ショップ

名古屋「ミッドランドスクエア 」 地下1 階 アトリウムイベントスペース

2024年5月25日・26日の2日間

※上記以外のシュタイフ各店でのお取り扱いはございません。

■メディコム・トイ オンラインショップを含む直営各店

・直営店舗 MEDICOM TOY - OFFICIAL SHOP

・直営オンライン MEDICOM TOY - ONLINE SHOP 

コピーライト表記

(C) Margarete Steiff GmbH 2024

BE@RBRICK TM & (C) 2001-2024 MEDICOM TOY CORPORATION. All rights reserved.

欧州のテディベア

欧州では、生まれた時に、出産祝いとしてテディベアを送ることが習慣となっています。こどもの頃だけではなく、一生の友達として大切にできるよう、簡単には傷みにくい「本物」のテディベアを、プレゼントとして貰うということ自体がステータスとも考えられているのです。その中でも、シュタイフは、欧米では「出産祝いならシュタイフ」と言われているほど大変人気があります。1880年にドイツで誕生し、世界で初めてテディベアを作ったシュタイフは、現在ではテディベアを語る上で欠かすことの出来ない歴史的なトップブランドへと成長しました。

History of Steiff

 「テディベアといえば、シュタイフ」―世界的にも有名なこのぬいぐるみブランドを創業したのは、1847年南ドイツ・キンゲンという小さな町で生まれたマルガレーテ・シュタイフ(1847~1909)という女性でした。彼女は1歳の時、小児麻痺にかかり、右手と両足が不自由になり、一生を車椅子で過ごすことになってしまいます。

 マルガレーテの両親は、障害があっても自立できるようにと、学校に通わせ、裁縫もマスターするように育てました。20代になり、シュタイフの前身である「フェルト・メール・オーダーカンパニー」を設立し、女性やこども服の販売を手がけます。

1880年12月、マルガレーテは、甥や姪たちのクリスマスプレゼントに、ゾウをモチーフにしたおもちゃを贈ることを考えつきました。素材にはフェルト、中身には最上の羊毛をつめこんだやわらかなゾウのおもちゃは全部で8体できあがりました。こどもたちにはおもちゃとして、大人の女性には針刺しとしてプレゼントされたゾウのおもちゃは好評を得ました。これが世界で初めてのぬいぐるみ玩具の誕生となります。

ぬいぐるみづくりのきっかけとなったこの1880年がシュタイフの創業の年とされています。 1897年から事業を手伝ってきたマルガレーテの甥リチャードは、「本物のようなクマのぬいぐるみ」の製作をマルガレーテに提案。

これが世界で最初のテディベアとよばれる『55PB』で、首と手足が動き素材も最高級のものをつかった最高級で上品なぬいぐるみが誕生しました。この『55PB』は、見本市でアメリカ人バイヤーの目にとまり、やがて改良を重ね、量産体制に入ります。

同じころ、アメリカでは、セオドア・ルーズベルト大統領の愛称である「テディ」とともに、クマのぬいぐるみの人気も高まっていく一方で、偽物や粗悪品も出回り始めました。

そこで登場したのが、シュタイフ製品であることを認証する「左耳にボタンをつける」というアイデアでした。これが世界最古のトレードマークでもある「ボタン・イン・イヤー」の始まりで、最高級の品質の証として、今日でも続いております。

世界最古のトレードマーク「ボタン・イン・イヤー」

白タグ+赤文字  

地域限定、数量限定、年度限定、など生産数に制限のある限定品に付けられます。

タグには、品番の他、生産年度、製造番号(シリアルナンバー)が表示されます。

白タグ+青文字 

定番商品のコレクター向け商品に付けられます。カタログ掲載期間中は数に制限なく、注文に応じて生産されます。

白タグ+黒文字 

1900年代初頭のシュタイフ製品を復刻したレプリカに付けられます。タグには、品番の他、生産年度、製造番号(シリアルナンバー)が表示されます。

黄タグ+赤文字 

定番商品のベビー・キッズ向け商品に付けられます。カタログ掲載期間中は数に制限なく、注文に応じて生産されます。

商品のお問合せ

株式会社MS1880 TEL03-3402-1880

HP: https://www.steiff.co.jp

Instagram:@steiff_official_japan https://www.instagram.com/steiff_official_japan/

Facebook: @Steiff Japan https://www.facebook.com/SteiffJapan

LINE: シュタイフ https://lin.ee/5Aj8rHc

シュタイフ ジャパン/株式会社MS1880について

株式会社MS1880は、2014年よりシュタイフの日本総代理店として、シュタイフ製品の輸入・卸売・小売、店舗の企画、運営コンサルティングを行っています。社名「MS1880」は、創業者マルガレーテ・シュタイフのイニシャル「M.S.」と、シュタイフ創業の年「1880年」に由来しています。

【会社概要】

会社名:株式会社 MS1880

代表者:代表取締役社長 西本 学

所在地:東京都港区南青山3-13-24 サウス青山テックビル

URL :https://www.steiff.co.jp/

※掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

※本イベントの内容は、都合により変更または中止となる場合がございます。予めご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ