「510(五島)の日」を、みんなで祝おう!楽しもう! サカナくんをはじめ、全国から集まった494点の作品の中から、優秀作品13点の大漁旗を制作。海を臨む校庭に一斉掲揚。

長崎県・五島列島 新上五島町は、五島の日を記念し「大漁旗でつながろう、島の内と外」イベント(主催:新上五島町・島よかとこ行ってみ隊)を5月7日(日曜日)に開催します。

[大漁旗でつながろう、島の内と外] https://shinkamigoto.nagasaki-tabinet.com/feature/GOTO-DAY

5月10日は「五島の日」

当町は、五島列島の知名度の向上を図り、その魅力を大いにPRするきっかけの日にするため、「ご(5)とう(10)」(五島)と読む語呂合わせから5月10日を「五島の日」と制定しました。(2013年、一般社団法人・日本記念日協会により五島市と共に認定・登録)

九州の西端、長崎県五島列島の北部に位置し、7つの有人島と60の無人島から構成される新上五島町は、豊かな水産資源のもと、古くから今日にいたるまで豊穣の海が島民の生活を支えてきました。島の人口減少、高齢化や担い手不足、そして海洋環境の変化に直面している今日、島内外多くの方にこの宝の海を知ってもらい、次代につなぐため「大漁旗でつながろう、島の内と外」を開催します。   

海に囲まれた新上五島町は日本有数の好漁場

大漁旗は江戸時代より、豊漁を陸で待つ人に伝える手段でした。昔は今のように伝達ツールがないため、沖にでている船からでも見えるように、たくさんの色を使い、船名、贈主名、魚柄がはっきりわかるように骨太な、独特なデザインで描かれているのが特徴です。 

昨年秋に「大漁旗デザインコンクール」を開催、約2ヶ月間で全国から494点のデザインが集まりました。その中から優秀作13点を大漁旗に仕上げます。また、当イベントの趣旨に賛同していただいた、国立大学法人 東京海洋大学名誉博士/客員教授で、講演や著作活動などでも著名なさかなクンをはじめ、漫画家で恐竜研究家のヒサクニヒコ氏、絵本作家の篠崎三朗氏の大漁旗も完成しました。尚、大漁旗の制作は、静岡市伝統工芸技術秀士で、日本でも僅かとなった大漁旗専門染物師 佐藤千太郎氏(国際芸術文化賞受賞)に依頼。複雑な工程を経て完成した大漁旗が、海を臨む小学校の校庭に掲げられます。 

「大漁旗デザインコンクール」には全国から494点の応募。優秀賞に13作品を選定。

今回、会場となる新上五島町立北魚目小学校は、創立147年の歴史を持ち、教室からは青い海、海に浮かぶ小島を臨む離島ならではの恵まれた環境で、現在23名の児童たちの学び舎となっています。

教室から絶景を臨む北魚目小学校の校庭に大漁旗を一斉掲揚

当日は、大漁旗デザインコンクール応募作品494点の原画展、アゴ(飛魚)やブリ、ハコフグの「変わり鯉のぼり」のお披露目、当町の特産品であるアゴをかたどった「アゴ紙飛行機競技会」、海洋プラスチックゴミを材料にした「お魚キーホルダーづくりワークショップ」、島で見られる魚で作る「トロ箱水族館」、当日水揚げされた鮮魚や水産加工品の販売を予定しています。また、当町の神事に欠かせない、国指定無形民俗文化財の「上五島神楽」の特別公演で五島の日を祝います。                               

400年以上の伝統を持つ上五島神楽

<「大漁旗でつながろう、島の内と外」概要>

・日時:2023年5月7日(日)午前10時~午後2時(強風・雨天時は5月14日に順延)

・会場:新上五島町立北魚目小学校 校庭・体育館

・主催:新上五島町・島よかとこ行ってみ隊

・後援:新上五島町、新上五島町教育委員会、長崎県、長崎県教育委員会、長崎県漁業協同組合連合会、新魚目町

    漁業協同組合、新上五島町観光物産協会

・イベントの内容は予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。 

詳しい内容はこちらをご覧ください。(新上五島町観光物産協会のホームページへリンク)

https://shinkamigoto.nagasaki-tabinet.com/feature/GOTO-DAY

多くのみなさまのご参加お待ちしております。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ