日本でK-Beautyのルーキーとして知られる「キボコスメ(Keybo)」は,今年初め 韓国のオリーブヤング (Olive-Young)に似た日本の編集ショップ「 東急ハンズ」と「クリーマーレ(CREEMARE)」に6種類の「ドトムリッププラスリッププランバー」を発売した。

キボコスメ(keybo)はアマゾンジャパン(Amazon-japan)のリップグロスカテゴリー10週連続1位を占める底力を見せた「ドトムリッププラスリッププランバー」を中心に, 最近発売した「FALL IN LOVE(9色) アイシャドウパレット」の人気に 支えられオフライン売り場拡大を決めた。

現在、入店が確定しているオフライン売り場は、 CoCoRo Plusの28支店、アインズ&トルペ (AINZ & TULPE)の22支店、 アットコスメ (@cosme)の17支店、 カラーフィールド (COLOR FIELD)の10支店を 含めて、合計149の 店舗である。

一方、キボコスメ(keybo)は韓国内の自社モールをはじめ、ソウルストア、クーパン、ホットトラックス、ロッテONなど多様なオンライン販売先に入店し、 積極的に拡大している。

キボコスメ(Keybo)は、 消費者との接点強化のため、今後さらに多様な販売先を増やしていく予定であり、 キボコスメ(keybo)の製品を気軽に購入できるよう、多角的な方法を用意するという 計画を明らかにした。

キボコスメ(Keybo)は今年下半期に新製品を発売する予定で、 韓国内のオフライン売り場への入店も協議中で、今後の成り行きが注目されるところだ。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ