2022年6月29日~ 展示開始

水族館など魚に関するエンターテイメント事業を展開する株式会社UWS ENTERTAINMENT(本社:東京都江戸川区、代表取締役:宮澤雅教、以下UWS)が運営する、神奈川県横浜市の大型商業施設「横浜ワールドポーターズ」にオープンした期間限定水族館、アクアリウム宇宙旅行「UNDER WATER SPACE」は、2022年6月29日よりダンゴウオの稚魚の展示を開始いたします。

■ 概要 ― 展示開始 2022年6月29日 ~

日本全国で現在2ヶ所しか見ることができない貴重な「ダンゴウオの稚魚」の展示が、ここ「UNDER WATER SPACE」にて開始されます。当館閉館予定の2023年1月15日まで常設で展示されるため、稚魚から大人になっていく姿を観察することができます。

※公益社団法人日本動物園水族館協会に登録された50の施設を対象に調査を実施。(2022年6月23日時点)

◇ ダンゴウオの稚魚 イメージ画像

■ ダンゴウオ とは

まるでお団子のような丸い体形をしている体長2.5センチほどの小さなお魚「ダンゴウオ」。 日本の青森県以南から熊本県の天草までの太平洋側水深20m より浅い岩礁域に生息しています。

大きな吸盤がお腹にあるのが特徴で、ダンゴウオ科の仲間は岩や海藻にはりついて小さな甲殻類(ヨコエビやアミ類等)を食べています。

ダンゴウオの魅力の一つは、緑・赤・ピンクなど個体ごとに違うカラフルな体色です。泳ぎの下手なダンゴウオは周囲の色に擬態することで、捕食者から身を守っていると言われています。寿命はおよそ1年で、2~3月頃に水温が下がると浅瀬へ移動し繁殖を行い、死んでしまいます。

■ 新型コロナウイルス感染予防対策

新型コロナウイルスの感染予防ポイントとして、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は湿度 40%以上を推奨しています。UNDER WATER SPACE ではミストシステムを使った演出やアクアテラリウムなどを多数採用しており、施設内の湿度は常時 60%以上を維持しています。また、換気やアルコール消毒、入館時の検温などの新型コロナウイルス感染予防対策を徹底するため、安心してお楽しみ頂けます。

・従業員の体調管理として出勤時に検温

・従業員のマスク着用

・入場時に手指のアルコール消毒の実施

・チケットカウンターにビニールカーテンを設置

・3密にならないよう入場制限を実施

・定期的にお客様の手が触れる箇所をアルコール消毒

・ミストシステムを導入し常時60%以上の湿度を維持

・空調による換気

■ アクアリウム宇宙旅行「UNDER WATER SPACE」概要

開催期間:2020年12月22日 ~ 2023年1月15日

開館時間:10:30~21:00 (最終入場 20:00)

料金 大人(中学生以上):1200円

子供(小学生以上):600円

小学生未満:無料

開催場所:神奈川県横浜市中区新港2丁目2−1 横浜ワールドポーターズ 4F

来場目標:20万人

Webサイト:http://uws-yokohama.jp

■「株式会社UWS ENTERTAINMENT」について( Webサイト https://www.uws.jp/

会社名:株式会社UWS ENTERTAINMENT

所在地:〒132-0022 東京都江戸川区大杉3-9-1

代表者:代表取締役 宮澤雅教

事業内容:イベントの企画・運営、アクアリウムの制作・展示・メンテナンス、アクアリウムのリース・レンタル

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ