都会に暮らすあなたに、石垣島の海の癒しをお届けする「第三回yururu個展」

海色ガラス工房yururu(ゆるる)(住所:〒907-0243 沖縄県石垣市/代表:岩城あゆみ)は、2022年6月23日(木)~6月26日(日)に、石垣島をそのまま感じる海色アクセサリーの個展を「ギャラリーHALO」スペース3にて(〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿)開催します。

石垣島をカラダで感じることをコンセプトに、敷き詰められた砂や波の音・フルーツの香り・ヤシの木・そして海を愛する人たちが海で繋がるための場所と時間。人との繋がりが激減している時期だからこそ、海を感じるスペースで心と身体を解放し、本来の自分を取り戻す時間をお届けします。

《Facebookイベントページ》 第3回yururu個展「海、とろり 君、ゆるり」in恵比寿

https://www.facebook.com/events/487536673026291

●企画の背景

コロナの感染拡大により、旅行の中止・自粛、さらには外出さえままならなく、石垣市の来島者数は、19年比で70・2%(92万5860人)減となり、石垣島全域が大きな打撃を受けた2年間でした。

そんな中、当店も例年の東京個展を2年中止。実質休業状態だった実店舗の状況をたくさんのみなさまがご心配くださり、SNS等へのコメントやメールに本当に支えられました。

またそれと同時に、その内容から、職場の環境・ご家族状況・看病・闘病と、それぞれの事情を抱え一生懸命がんばっているみなさんの疲れが、心身ともにとても深く濃いことに気が付き、衝撃を受けました。

《参考》 

・八重山毎日新聞https://www.y-mainichi.co.jp/news/38145/

・コロナ禍でのメンタルヘルスの悪化は日本でも懸念され続けており、2020年時点で17.3%と2013年比で倍増。

「健康問題」による自殺は、この10年以上減少傾向を保っていたにも関わらず、2020年は突如急増。

(厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/jisatsu/16/index.html

●今、私ができること

石垣島への旅行を楽しみやご褒美にしていたみなさん、海や島の癒しを必要とされているみなさんに「石垣島の海が持つ生命力と深い癒しをお届けしたい!」と強く思いクラウドファンディングにチャレンジし、300名を超えるみなさまからご支援を頂き目標額を大きく上回る814%で達成、多くのご支援のもと、都会のみなさんが飛行機に乗らなくても石垣島を感じていただける個展の開催が決定いたしました。

過去開催の2回の個展でも各300名様を超えるご来場をいただき「存分に海を感じることができた」と本当に喜んでいただきました。今回はさらに、石垣島産のパイナップルやハーブティーのご提供、三線ライブやフォトセッションなど、協賛企画も予定しております。(石垣島の砂は持ち出し禁止の為、砂は東京にてレンタルです)

普通が普通ではなくなっていく世界を、ただ見続けるしかなかった。そんな本当にせつなく、苦しく、大変な2年間を越えて…今こそ思いっきり、島の自然そのままをお届けする個展を開催したいと思っています。

靴下やストッキング、いつものパンプスやサンダルも脱いで。裸足で砂の感触を楽しみ自然を感じることで、ココロとカラダが緩んでいくのを実感しながら、海色アクセサリーを堪能していただきたいです。

《クラウドファンディングリターンとしてご提供》

・カメラマン鬼頭望氏(愛知県名古屋市)による写真撮影。

・八重山民謡唄者久保田晃平氏(京都府宇治市)による

三味線演奏(24日無料オンライン配信予定/26日有料着席)

●個展から石垣島の未来へ

実は、石垣島への来島者数が大きく減ったことで観光収入は大幅に減りましたが、反面、世界的に海の透明度が高くなっていることに気づきました。誰もが動けない現状が海への負担を減らしていると知り、心から島と海を堪能し、その気持ちを「この美しい海を守っていくチカラ」にしていくことが、ここからの新しいスタートだと思いました。

自然にとって、海にとって、そして私たちにとっても、負担が増えることのないよう現状を知り、暮らしや観光のありかたをしっかり考え、一緒に、島を、海を、守っていく一歩にしていける、そんな個展を開催します。それが本当の石垣島の未来につながる活動だと信じています。(サンゴに負担のない日焼け止めを使う・サンゴや海の生き物の生態を知る・ごみを出さない・自然に配慮した宿泊先やショップ、飲食店を選ぶ、など)

そしてyururuの海色アクセサリーが海を愛する証としてみなさんに選ばれる存在になれたら幸いです。

●yururu第三回個展 開催概要

・日程:2022年6月23日(木)~6月26日(日)4日間開催

・時間:11:00~18:00(最終日のみ16:00まで)

・場所:渋谷区恵比寿「ギャラリーHALO」スペース3

(〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-23-21 ヤマトハイツ1F)

・詳細:

6月23日(木)11:00~18:00(初日)

6月24日(金)11:00~18:00(三線ライブ15:00配信予定/鬼頭望 撮影会)

6月25日(土)11:00~18:00(抽選会、等)

6月26日(日)11:00~16:00(トークショー&有料三線ライブ16:30~)

●主催者について

岩城 あゆみ(石垣島在住)

海作家/アクセサリーショップ「yururu」経営

海作家としてガラスを素材に石垣島の海を表現する作品をお届けしながら、夫と二人の島暮らし。北海道出身、四人家族。子供たちは島を離れている。

2005年、独学にて海色アクセサリーの制作を始める。

2017年麻布十番にて初個展を開催、250名を超えるご来場をいただく。

2018年自由が丘にて第二回個展を開催、300名を超えるご来場をいただく。

2022年【石垣島をそのまま感じる個展】クラウドファンディングを開催。814%の支援を集め達成する。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ