「Smile & Love」をテーマに、 平和の象徴であり、笑顔や生きるエネルギーを与えてくれるアートを多彩な内容でお届けする、百貨店を舞台にした”アートの祭典”です。

大丸京都店全館およびWEBサイト等で、アートが持っている“理屈を超えた力”を生かしたさまざまな体験やコンテンツをご用意しています。特設サイト内にはオンラインで新木友行さん等のアート作品が楽しめるバーチャル画廊も設置、コロナ禍にある世界中の人々に微笑みをお届けします。

バーチャル画廊(期間限定公開)= https://artatdaimaru.a-booth.jp/ 

タイトル=ART@DAIMARU(アート・アット・ダイマル)

会期=2021年5月26日(水)~6月15日(火) 

※土・日:全館臨時休業<5月29日(土)・30日(日)は1階 化粧品・婦人洋品売場、地階 食品フロア、地下2階 アミューズボーテなど営業 ※一部売場は臨時休業および営業時間を短縮しております。>

営業時間=5月26日(水)~31日(月)は午前10時~午後7時、6月1日(火)~15日(火)は午前10時~午後8時<予定>

※5月31日(月)の6階イベントホールは午後5時閉場

会場=大丸京都店 各階 <展示即売・入場無料

※会期・営業時間が変更になる場合がございます。

※展示作品が変更になる場合がございます。

※いずれも敬称略

※マスク着用でお越しください。

「作品を観てパワーをもらって、みんな元気になってほしい」参加アーティストのひとりである新木友行さんのこの想いと大丸京都店がART@DAIMARUにかける想いが合致したことから、メッセージビジュアルへのご登場を新木さんにご承諾いただきました。

ひとりの素晴らしいアーティストとして、そして、今を一生懸命に生きるひとりの人間としての新木さんの笑顔が、アートを愛する多くの人々の心に響くことを願っています。

2021年4月18日リリース=https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001006.000025003.html

次世代アートフェスタ

■5月26日(水)~28日(金)

■7階催会場

大丸京都店が多彩なジャンル、個性あふれる30余名の作品を観て楽しんでいただける新しいアートフェアです。各ブースにはギャラリーがお勧めする今注目のアーティストの作品が勢ぞろいするとともに、アートを自由に身近に楽しんでいただけます。

出口雄樹「Subliminal Switch(それが人生)」(2021年、ミクストメディア、25.5×25.5cm)

岡部賢亮 「山のは」(2020年、桐塑、高さ27×幅20×奥行き20cm)

京都市×パリ市 Savoir-faire des Takumi 対話と共創 も登場します!

京都市・パリ市の職人やアーティストたちが互いに交流し、 それぞれの文化や技術からインスピレーションを受けながら、 世界のアート市場に向けた、 新しい作品の創作等をサポートするプロジェクト「Savoir-faire des Takumi 対話と共創」のアーティストのうち、 5名の参加者が出展します。

上田普「"あ"の十字路」(2013年、 書、 31×41cm)

1974年生まれ。書家。国内・欧米でのギャラリー個展・グループ展やアートフェア出品実績多数。平面作品のみならず、書の奥行きを表す立体作品やオブジェ、パフォーマンスなど、幅広いジャンルで新たな書の表現を模索し続けている。

【mui Lab特別企画】 サードプレイス

京都発、人とテクノロジーの調和をめざすmui Lab(ムイラボ)。

新たなアートとの遭遇、つながりを生む木製デジタルメッセージmuiボードをしつらえた寛ぎのリビングルーム“サードプレイス by mui Lab”が7階催会場内の3箇所に点在。

当“サードプレイス“にて、トーキョー・カルチャート by ビームス の推薦作家6名の作品を展示・販売します。

牧田純「LAST NIGHT」(2008年、Acrylic on canvas、41.5×31.5cm)

1980年生まれ。新潟生まれ大阪育ち。大学中退後、独学で絵を描き始める。村上隆主宰のGEISAIには第1回目から参加し、2002年、2003年に日比野克彦賞2005年に曽我部恵一賞を受賞、同年、雑誌ブルータスにて「村上隆が買ったアート」特集にて作品が紹介される。

プレミアムアートコレクション

■5月26日(水)~31日(月)  ※5月29日(土)・30日(日)は臨時休業、 最終日は午後5時閉場

■6階イベントホール

6階プレミアムアートコレクションでは、美術館クラスの名品が登場。

世界を舞台に活躍する話題の現代アーティストから、憧れの巨匠・有名作家の名品まで一堂に。美術館をめぐる気分で希少な逸品をお楽しみ下さい。

バンクシー「Happy Chopper」(2003年、シルクスクリーン、70×50cm)

ベルナール・ビュッフェ「教会広場」(1970年、油彩、60.6×80.3cm)

寺尾勝広「力」(2005年、インク・クレヨン・スクラッチ/厚紙、25×26.5cm)

野原邦彦展

■5月26日(水)~6月1日(月)

■1階店内ご案内所前特設会場

野原邦彦は、 個性あふれる作品を生み出し、 今や国内のみならず世界のアートフェアでもたいへん注目を集めています。新作と共に国内外に収蔵された立体・平面合わせて迫力ある20点以上の作品を、 1階店内ご案内所前でご披露いたします。

「オムレツマントbig」(2021年、FRP<繊維強化プラスチック>、高さ178×幅90×奥行き90cm<台座を含む>)

アニメセル画アート大オークション

■6月2日(水)~7日(月)

■6階イベントホール

●入場無料[展示・入札販売]

●入札締切・開票:6月6日(日)午後4時

「天空の城ラピュタ(複製セル画)」(30.8×30.8cm)

内田慎之介マンガライブパフォーマンス

■6月2日(水)~4日(金) 各日午前10時15分~午後4時頃予定

■6階イベントホール

内田慎之介はマンガライブペインターでパフォーマーです。 23歳の時に集英社「ウルトラジャンプ」新人賞佳作を受賞、 本誌デビュー。 2015年から壁に巨大な漫画をその場で描く『マンガライブペイント』を開始。 「世界で唯一のマンガライブペインター』をキャッチコピーに徐々に注目を集め、 2018年から海外へのイベントに招待され活動の場を広げています。

アニメセル画アートコレクション

■6月2日(水)~8日(火)

■1階店内ご案内所前特設会場

「海外に渡った日本のアニメ」をコンセプトに海外版ポスターや複製原画などを展示販売。また、最近人気のアニメ作品などもご用意しています。

「紅の豚(海外版ポスター)」(45.8×61cm)

その他のイベント

【4階】

錺之~KAZARINO~Oval Box

■5月26日(水)~6月8日(火)  ※5月29日(土)・30日(日)は臨時休業

■4階 京ものコーナー

日本伝統の錺金具の美しさを普段の暮らしの中で。

繊細な作りと輝きをもち、 使い込むほどに馴染んできます。

Oval Box(銅・真鍮、 14.9×22×8.5cm)

【5階】

<海洋堂>期間限定ショップ

■5月19日(水)~6月8日(木)  ※5月22日(土)・23日(日)・29日(土)・30日(日)は臨時休業

■5階ホットスポット

世界に冠たる海洋堂が大丸京都店に初登場!「北斗の拳」ケンシロウの等身大フィギュア(高さ185cm、 非売品)を展示するほか、 数々のフィギュアを展示販売。

<同時開催>ガッチャマンやキャシャーンなど名作アニメのジーグレー版画、 プリントTシャツも!

(C)武論尊・原哲夫/コアミックス 1983

アフリカ ドックス

■5月26日(水)~6月22日(火)  ※5月29日(土)・30日(日)は臨時休業

■5階ワイシャツ・ネクタイ売場

京都の染色工房「アート・ユニ」 × アフリカのトーゴの仕立て職人 カブレッサ・デアバロさん × その2つを繋いだ中須俊治さんが生み出すブランド「AFURIKA DOGS(アフリカ ドッグス)」

パリコレ作品の生地製作も手がけてきた染色工房「アート・ユニ」。 その工房の代表であり、 職人歴は48年の西田 清さんは「他社ではできないこと」を追求し、 独自の染色技法を編みだしてきました。

「アート・ユニ」生地を使用したAFURIKA DOGS(アフリカ ドッグス)のTシャツやポロシャツを期間限定で販売します。

※「アート・ユニ」の生地のほか、 アフリカで生産された生地を使用した商品もございます。

※会期・営業時間・出品作品・展示内容が変更になる場合もございます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ