1.開催概要

⑴実施期間    2020年1月15日(水)~24日(金)

⑵参加デザイナー出身国  アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、シンガポール、ニュージーランド、南アフリカ共和国

※デザイナーの詳細は別紙をご参照ください

⑶実施エリア    有楽町エリア、品川エリア、恵比寿エリア

⑷内容       世界5大陸6つの国・地域より6名のデザイナーを招聘し、期間中は山手線沿線に滞在しながら、当社社員とともに沿線の様々なまちを体験。普段は各駅で働く駅社員が、駅を飛び出しデザイナーのアテンドを行います。デザイナーは数日間の提案発表のためのワークの後、帰国前にその経験や体験を基にした「世界目線でみたまちの魅力」や「まちの魅力を高めるコミュニケーションデザイン」を提案します。

※本プログラムは、2015年から2018年まで独立行政法人国際交流基金と一般社団法人つむぎやが実施した「Door to ASIA(http://door-to.asia)」のコンセプトを元に生まれたプログラムです。

2.SNSでの情報発信について

期間中は、東京感動線公式SNSを通じて、取組みの行程や様子を随時発信してまいります。

Twitter :https://twitter.com/tokyo_moving_o

Facebook :https://www.facebook.com/tokyo.moving.round.jp

Instagram:https://www.instagram.com/tokyomovinground/

また、TOKYO SEEDS PROJECTの詳細をご紹介するWebページを立ち上げました。

今年度の様子だけでなく、過去2年間行ったデザイナーとの山手線沿線でのディープな体験の行程・様子や、デザイナーからの提案発表の内容をご覧いただけます。

Webページ:https://www.jreast.co.jp/tokyomovinground/exhibition/tokyoseeds/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ