この記事の連載

アウトドアのプロ2人がおすすめする「山ごはん」を楽しむ3つのアイテム

 幅広い知見を生かしてアウトドアカルチャーを提案するレーベル「焚火遊道」の猪野正哉さん、田中行太さんが、自然もグルメも街歩きも楽しめるウェルネスな日帰りトリップをコーディネート。

 その第二弾の舞台となる栃木・那須で、アウトドア初心者のCREAアンバサダー廣松叶子さんとライター平野、編集梅村がスリル満点の茶臼岳トレッキングに挑戦!

【前篇】岩場が多い山はどう登る?(栃木県・茶臼岳)
【後篇】山頂が最高のフォトスポット! 下山後は温泉へ(栃木県・茶臼岳)
【山登りの必須アイテム&ウェア】ザックに入れておきたい6つの“神器”

 そこで一気にアウトドア熱が高まった廣松さん。その熱が冷めやらぬうちにと、茶臼岳から立ち寄ったのが那須の黒磯町にあるアウトドアセレクトショップ「LUNETTES+山の道具屋」です。

 ここでもっと山を楽しみたい初心者におすすめの、“山ごはん”アイテムを焚火遊道の二人に厳選してもらいました。


ショップのコンセプトは必要最低限の荷物で登山を楽しむこと

 訪れたのは、那須を代表するアウトドアの名店「LUNETTES+山の道具屋」。オーナーである水戸岳志さんが、山登りの趣味が高じて立ち上げたというトレッキング専門のセレクトショップです。アメリカ大陸のロングトレイルを走破するために生まれた“ウルトラライトハイキング”というスタイルをコンセプトに掲げ、老舗メーカーから新鋭のガレージブランドまでさまざまな登山用品が店内に並びます。

 ウルトラライトハイキングとは、必要最低限の装備で工夫をしながら自然の中を歩くこと。そのため、店内には無駄を極力削ぎ落とした軽量かつシンプルな高機能アイテムが多く取り揃えられています。

 とくに登山初心者など、荷物の重さが負担となって、想像以上に体力を消耗してしまっていることも。ミニマルな道具選びをするだけで、トレッキングがもっと快適で楽しくなるはずです。

2023.11.22(水)
文=平野美紀子
撮影=深野未季