この記事の連載

 ウェルネスな日帰りトリップを提案する本連載では、幅広い知見を生かしてアウトドアカルチャーを提案するレーベル「焚火遊道」の猪野正哉さん、田中行太さんがさまざまな旅の楽しみ方をコーディネート。

 自然もグルメも街歩きもワガママに味わい尽くす日帰りトリップ第二弾は、トレッキング初心者というCREAアンバサダーの廣松叶子さんと山好きのライター平野、編集梅村が参戦し、那須を舞台にしたショートトレッキングと街歩きをご紹介。

【前編】岩場が楽しい標高2,000m級の活火山で絶景を堪能!


絶好のテラス席から眺める大パノラマ! 火山ならではの御鉢巡りも

 狭い岩場の道を登りきると、これまでと違って大きく開けた場所に出た。奥には那須嶽神社の鳥居も見えます。「あの鳥居をくぐり抜けたら、山頂のはず。あともう少し頑張ろう!」(平野)。その掛け声で、再び一行の足に力がみなぎります。

 右手にふと目をやると、そこには吸い込まれるように大きく窪んだ御鉢が。そのあまりのスペクタクルに、あらためて自然への畏怖の念を感じさせられます。

 そうこうしていると、あっという間に山頂に到着。トレッキングのお約束、ピークを踏んだ証に標識の前で記念写真を撮ります。

2023.10.15(日)
文=平野美紀子
撮影=深野未季
スタイリスト=永田哲也