家にいる時間が長くなると、インテリアへの興味も増してくる。

 心地いい時間を過ごすため、たとえば夏ならブルーを主役にした爽やかなコーディネートがおすすめ。

 いつもの日常も、涼やかな風を感じるリゾート時間へ変えてみよう。


夏仕様のコーディネートで 家時間をリフレッシュ

 家の中で季節を感じるために、まずは一日のなかでも長い時間を過ごすリビング&ダイニングの模様替えをプランしよう。

 ラグやカーテンなど大きな面積を占める部分をブルー系にすると、一気に夏らしく、目にも涼しい空間に変身。

 クッションカバーやランチョンマットなどのファブリックや小物類でも、気軽に季節感を演出してみたい。

ブルー系のグラデーションで爽やかなリビングに

 ラグはさらっとして素足に気持ちいいジャガード織り。爽やかなブルーをベースにしたら、ポイントとしてクッションカバーにもブルーを。無地と柄物を合わせることで立体感が出てお部屋のおしゃれ度がアップ。

ワーケーション気分で 仕事もはかどる

 夏仕様のインテリアなら、いつものリモートワークもリゾートホテルでのワーケーション気分。仕事専用のワゴンを1台プラスするだけで、作業がぐっと快適に。書類もドリンク類もここにまとめられるのでテーブルの上はすっきりと。

食卓も夏感を演出する ブルーがアクセント

 ランチョンマットはブルー系のボーダーとシェル柄。器やグラス、コースターも青やネイビーでアクセントをつけ、海を思わせるブルートーンのコーディネートに。休日の朝食が、南国のコンドミニアムでのブランチ気分に。

» この記事の掲載商品はこちら

2022.06.10(金)
Photographs=Hirotaka Hashimoto
Styling=Noriko Yaguchi
Model=Sonorama
Text=Yoko Maenaka(BEAM)

CREA 2022年夏号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

いま、自分に戻る旅。 楽しいひとり温泉

CREA 2022年夏号


いま、自分に戻る旅。 楽しいひとり温泉

特別定価950円

「CREA」2022年夏号の特集は「ひとり温泉」です。日本全国の選りすぐりのひとり温泉宿をご紹介。口福な「お取り寄せ別冊」もついた保存版です。