「私は絶対に今の気持ちを忘れないまま大人になるんだ」
カルト村で生まれてから小学生になるまでの幼少期を描くエピソード0!

所有のない社会を目指すコミューンで生まれ、親と離されて労働や体罰が当たり前だった少女時代を描いて話題となった高田かやさんの最新作! まだ村が自由でのんびりしていた幼少期のエピソード&理不尽な「カルト村」へ変わっていく転換期の思い出を、両親に聞いた話も織り交ぜて描いていきます。

これが最後の本になるだろう

 思えば1冊目の作品(『カルト村で生まれました。』)を描いている時だけが前向きでした。

 「今まで誰も読んだことのないタイプの話が描ける」とうきうきしていました。そして、「村の話をコミックエッセイにして描くのは私が最初でも、本が出れば元村の子達が我も我もと話をしだすだろう、そして私の描いたものが肉付けされたり、また違う見方の意見も出てきたりするのだろう」と想像していました。

 しかし現実には1冊目が出版されても、元村の子達は沈黙したままでした。きっかけは作っても、後から出てきた元村の子たちにスポットがあたって私は裏方に回るだろうという想像は裏切られ、私は「村を知っている子は大勢いるはずなのに、なんでみんな出てこないんだろう、どうして私がひとりで昔の村を調べ分かりやすく一般の人に説明しなくてはいけないんだ、こんなはずではなかった」と混乱しながら2作目(『さよなら、カルト村。思春期から村を出るまで』)を描くことになりました。

 2作目以降、『お金さま、いらっしゃい!』『うまうまニッポン! 食いだおれ二人旅』と、計4冊の本を出しましたが、常に「これで何かを描くのは最後だろう」と思いながら作業し、作業の合間にはハローワークの求人情報を眺める日々を送ってきました。  

 今回も、「カルト村の幼少期を描いていないのが心残りだったからそれを描ききれば思い残すことはない、これで本当に私の村での話はおしまいだから、これが最後の本になるだろう」と思いながら作業をしています。

人に言えないようなことばかり描いている

 私の小さい頃の思い出を描き連ねているだけなので、「面白かった」と言われても「いや自分の人生を面白いと言われても……」と複雑ですし、元々人に言えないようなことばかり描いているので、「読みました」と言われるたび「私の恥部を知られたからには生かしておけない……」と物騒な気持ちになっていましたが、最近は読んだ人が多すぎて、「読んだ人も私もどうせ百年後にはほとんど生きていない」という穏やかな心境に達しました。

 きっとこの幼少期の話も、読む人によって様々な捉え方をされるのだろうと思います。ただこの連載をご覧いただける間だけでも、新型感染症や不安の広がる先行き不透明な現在から少しでも離れる時間を提供できましたら幸甚です。