プレスリリース

総額100万ドルを助成!『シーバス・ベンチャー』2018年度の日本国内募集スタート!

ペルノ・リカール・ジャパン株式会社
2017年9月14日

より良い未来を目指す社会起業家たちのコンペティション ー2017年11月13日(月)まで申請受付中ー

スコッチウイスキー「シーバスリーガル」を展開するシーバスブラザーズ社は、総額100万ドルをかけた社会起業家たちの世界大会『CHIVAS VENTURE(シーバス・ベンチャー)』を主催し、2018年度の日本国内募集を開始いたしました。2017年11月13日(月)18時まで、WEBサイトにて申請を受付けます。 https://www.chivas.com/ja-jp/the-venture/


ロサンゼルスで開催した2017年度決勝戦の様子
− CHIVAS VENTUREとは −
より良い未来の創造を目指し、ビジネスを通じて世界的な社会問題や環境問題の解決に取り組む革新的なスタートアップ企業を支援するグローバル・コンペティションです。2014年の設立以来、約6,000人の社会起業家から申請が集まり、毎年総額100万ドルを助成しています。2014年から最初の2年間で助成した200万ドルは、世界40カ国以上で30万人以上の受益者を抱えるスタートアップ企業を支援するために活用されました。

第4回となる2018年度は、日本を含む29カ国で募集を行います。各国で審査の上、最も才能豊かな起業家1名を代表として選出し、世界大会への出場権を授与します。各国代表のファイナリストたちは、グローバルな専門家から集中的に学ぶアクセラレーターウィークに参加し成長する機会が与えられます。その後、3週間のオンライン一般投票により助成金の最初の20万ドルの分配が公衆の支持に委ねられます。そして、総額100万ドルを巡る戦いは決勝戦で頂点を迎え、最終審査の結果、上位者に残りの80万ドルが分配されます。

− 前回のコンペティションについて −
今年7月に開催した2017年度の決勝戦では、オスカー受賞女優であり慈善家のハル・ベリーが審査員の1人として登場。ホストは俳優・コメディアンのジョシュ・ギャッドが務め、ハビエル・バルデムやドン・チードルなどの豪華ハリウッドスター達もゲスト参加し、各国代表者の中から勝ち抜いた上位5名が観衆の前でプレゼンテーションを行いました。最終審査の結果、小規模農家の貧困問題に取り組むタイの「Siam Organic(サイアム オーガニック)」が第1位となり40万ドルの助成金を獲得しました。日本からはメイド・イン・ジャパンの工場直結ファッションブランド「Factelier(ファクトリエ)」の代表、山田敏夫氏が出場。その革新的なビジネスモデルを世界にアピールしました。
2017年度ファイナリストたち(オックスフォード大学にて)

『CHIVAS VENTURE』の信念は、寛大さ(Generosity)と成功(Success)の両立。この信念は、創業者のジェームスとジョンのシーバス兄弟のパイオニアスピリッツと社会貢献の志にインスパイアされています。彼らは、スコットランドにブレンデッド・ウイスキービジネスの礎を築き、世界的な成功を収めたばかりでなく、その成功を社会へと還元することに尽力しました。『CHIVAS VENTURE』は彼らの精神を受け継ぎ、より良い未来のために行動を起こす次世代の起業家たちを支援します。

総額100万ドルの助成金を巡る『CHIVAS VENTURE 2018』のファーストステップが今始まりました。ぜひ、明るい未来の実現にミッションを掲げる、日本の社会起業家たちからのご応募をお待ちしています。


■ CHIVAS VENTURE 2018 概要
『CHIVAS VENTURE』は、より良い未来の創造を目指し、ビジネスを通じて世界的な社会問題や環境問題の解決に取り組む革新的なスタートアップ企業を支援するグローバル・コンペティションです。2014年の設立以来、約6,000人の社会起業家から申請が集まり、毎年総額100万ドルを助成しています。
2018年度は日本を含む29カ国で募集を行い、世界大会に出場する各国代表者を選出します。

【日本からの応募申請】
応募期間
2017年9月14日(木)~11月13日(月)18時まで。
募集対象
ソーシャルアントレプレナーのビジネスアイデアを持ち、かつそのプランを実現することにより、社会的 にも貢献できる全国の経営者またはこれから起業を目指すビジネスパーソンもしくは学生。2017年11月13日時点で25歳以上の方。
応募方法
下記WEBサイトより、募集要項をご確認いただき、必要書類をアップロードしてください。
https://www.chivas.com/ja-jp/the-venture/
※応募は個人・一団体につき1回まで。

【大会行程】
日本国内予選
1 第一次審査
応募書類による審査(12月上旬予定)
2 第二次審査
プレゼンテーション審査(第一次審査通過者のみ。12月中旬予定。)
3 日本代表者発表
最終審査の結果、日本代表として世界大会に出場する1名を選出。2018年1月18日(木)に都内で開催予定の授賞式にて発表。

世界大会
29カ国からの各国代表者がファイナリストとして出場。
1 アクセラレーターウィーク
オックスフォード大学ソーシャルアントレプレナーシップ スコールセンターのエキスパートによるマンツーマン指導と社会起業メンタリングを受講予定。
2 一般の方々の支持を集めるオンライン一般投票(3週間)
投票率に応じて20万ドルを分配。
3 ビジネスや社会的企業のエキスパートが審査する決勝戦
上位5名に80万ドルを分配


■ 過去の日本代表出場者
2017年 山田敏夫氏

「Factelier」代表 ライフスタイルアクセント株式会社 代表取締役CEO
https://www.chivas.com/ja-jp/the-venture/alumni/2017/jp-factelier

2016年 小川隆氏

株式会社MOLCURE 共同創業者・代表取締役CEO
https://www.chivas.com/ja-jp/the-venture/alumni/2016/molcure

2015年 川原圭博氏

株式会社センスプラウト 技術アドバイザー 兼 東京大学 大学院情報理工学系研究科 准教授
https://www.chivas.com/ja-jp/the-venture/alumni/2015/sensprout
*川原氏は、第1回大会に出場し、世界の競合の中で見事第2位となり、15万ドルの助成金を獲得しました。


■ シーバスリーガルについて


スコッチウイスキー「シーバスリーガル」は、1801年にスコットランドで設立されたシーバスブラザーズ社のフラッグシップ・ブランドです。世界150ヵ国以上で愛飲され、日本では「シーバスリーガル12年」、「シーバスリーガル ミズナラ12年」、「シーバスリーガル18年」、「シーバスリーガル アルティス」、「シーバスリーガル25年」、「シーバスリーガル アイコン」の6アイテムを展開しています。
「シーバスリーガル」のキーモルトとなる豊かでまろやかなシングルモルトは、シーバスの魂の故郷、ストラスアイラ蒸留所で作られています。この蒸留所で生まれるモルトは、スペイサイド特有のフルーティでフローラルな香りと、樽熟成由来のナッティーでドライな味わいが特徴で、「シーバスリーガル」のリッチでまろやかな味わいに貢献しています。
※「シーバスリーガル」は、ペルノ・リカール・ジャパン株式会社が日本での輸入販売を行っています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

  • ILTM
ページの上部へ