作家紹介
オノ・ナツメ

オノ・ナツメ

2003年「LA QUINTA CAMERA ―ラ・クインタ・カーメラ―」でデビュー。著作にアニメ化された『さらい屋五葉』『リストランテ・パラディーゾ』など多数。現在、「ウルトラジャンプ」にて『レディ&オールドマン』、「ビッグガンガン」にて『ACCA13区監察課』を連載。代表作『ふたがしら』は「連続ドラマW ふたがしら2」としてドラマ化。『ACCA13区監察課』が2017年1月よりアニメ放映!

オノ・ナツメtwitterhttps://twitter.com/ono_n_info

この回で最終回となりました。我が家の思い出を漫画の中に入れ込んで描かせてもらった話がほとんどです。
最後はカレー。この話で締められて良かったです。読んでくださってありがとうございました!

作品一覧

どこかでだれかも食べている

男2人の時代活劇、SF群像劇、男女バディもの……。作品によって絵柄も世界観も違った幅広いジャンルの作品を手がけるオノ・ナツメさん。食べることとお酒好きなオノさんが「食」にまつわるオムニバスストーリーを連載! どこにでもある食卓のシーン、誰もが食べたことがあるもの、なのにジワリと胸に迫る物語です。


作家一覧

SHARE