作家紹介
はるな 檸檬

はるな 檸檬

1983年3月23日宮崎県生まれ。漫画家。2005年より東村アキコのアシスタントを務め、東村のすすめで鑑賞した宝塚歌劇団にのめり込む。2010年、ヅカファンの日常を描いたコメディ『ZUCCA×ZUCA』(講談社、単行本全10巻)でデビュー。著書に自身の読書遍歴を明かす自伝的コミックエッセイ『れもん、よむもん!』、雨宮まみとの共著『タカラヅカ・ハンドブック』、出産体験を描いた『れもん、うむもん!』(すべて新潮社)。WEB連載にエディスト.ウェブマガジンでの「本音でビシッと恋愛相談」(外部サイト)がある。『タクマとハナコ(1)』に引き続き、『タクマとハナコ(2)』(ともに文藝春秋)を2016年12月15日(木)に発売!

タクマとハナコ(1)』に引き続き、『タクマとハナコ(2)』(ともに文藝春秋)が絶賛発売中!

はるな 檸檬の既刊本

作家一覧

SHARE

MAGAZINE

やっぱり、またハワイ。

6月7日発売

詳しくはこちら

Welcome to HAWAII!

SPECIAL

MOON CALENDAR

心理テスト

CREA WEB MEMBER

INFORMATION