ビューティの特集記事

あえての深み色でポイントメイク

気負いのない、でも新鮮なメイクとは何かを追求し、出てきた答えは、あえて深み色を纏うということ。ニュートラルな自分に、エッジを1カ所だけ効かせるバランス学を。メイクアップアーティストの村松朋広さんにお話を伺いました。

CREA 2017年10月号

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ