静岡県は東側が面白い!

静岡県は東側が面白い!

乗馬、ウエルネス、酒蔵見学……
富士山麓ならではの体験を満喫!

医師監修のプログラムを体験するリトリート施設へ

富士箱根伊豆国立公園内の広大な敷地に、7つのゲストルームと一軒屋の茶房が立つ「日月倶楽部」。レトロな建物は、古民家を移築したもの。

 霊峰富士のもと、自然を思い切り体験していると、心身がだんだんキレイになっていくのが分かる。そんな自然の癒しをよりディープに味わえるのが、2015年、朝霧高原にできた滞在・体験型施設の「日月倶楽部(ひつきくらぶ)」だ。

 到着してまず目に入るのは、標高3776メートルの富士山頂から駿河湾までの稜線を一望できる絶景。静岡県東部で富士山を望める場所は珍しくはないけれど、横にスラリと伸びる尾根は、なかなか貴重な眺望だ。

庭には、雄大な富士山を望むプチステージが。ここで外ヨガやエクササイズが行われる。

 ここの特長は、ゲストそれぞれに合った食膳薬膳茶や医師監修のプログラムで、心身のリフレッシュを図れること。滞在中は、体調にあったオリジナルブレンドの薬膳茶を飲み、地元の食材を使った料理を食べ、中医アロマや、ジャイロキネシス(ドイツではリハビリの一環として行なわれるエクササイズ)など、好きなアクティビティーをチョイスして過ごす。

左:ゲストの体質や体調に合わせた薬膳茶は漢方薬茶ほど苦味のないソフトな風味。100種類ほどある生薬から独自にブレンドしている。
右:キッチンに並ぶのは、オリジナル薬膳茶を煮出す専門の鍋。

 オーナーの山本竜隆さんは、もともと東京の都心で内科医をしていた方。「東洋医学と西洋医学を併せた統合医療をやりたい」という思いから、拠点となる場所を全国で模索。標高700メートルに位置し、湧水群や自然林、緑が豊富にあるこの場所を見つけ、転居した。現在は診療所も開き、地元住民の頼れるお医者様として忙しい毎日を送っている。

薬膳茶の後は、ヘルシーなランチを。この日のメニューは、豆腐とココナッツオイルで作った自家製タルタルソースをかけた獲れたての鱒、契約肉牛農家が育てた静岡産葵牛、朝霧高原の野菜たち。食後のチョコレートまで丁寧に手作り。

 敷地内にある茶房「The SUN and Moon」は、通常は宿泊ゲストのみの利用となっているが、7月と8月の週末はランチタイムに一般開放する予定なのだそう。料理の腕を振るっているのは、宝塚の娘役として活躍した奥様。

メゾネットタイプのゲストルーム。シンプルで風通しも眺めもよく、環境を十分に味わうことができる。

 ゲストルームは、メゾネット型をはじめとする7室。移築した古民家を利用した部屋に華美な装飾はなく、ただそこにいるだけで、風や澄んだ空気、緑の香りを体験できる。

 もちろん、1泊だけ、食事をしただけで体質改善は難しい。でも、ここでの滞在時間は、たとえ短くても、大切なウエルネスへの気づきを与えてくれ、今の生活を振り返るきっかけとなるかもしれない。

日月倶楽部
所在地 静岡県富士宮市猪之頭2271
電話番号 0544-52-2611
URL http://hitsuki-club.com/

<次のページ> 山廃仕込みの酒蔵になぜ薬師如来像が?

2016.03.28(月)

文・撮影=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ