今日の絶景

今日の絶景

地中海最強の都市国家ジェノヴァが
内乱を封じ込めるため築いた城塞

Magnificent View #889
カルヴィ(フランス)

(C)Siephoto / Masterfile / amanaimages

 コルシカ島は、地中海西部、イタリア半島の西に位置するフランス領の島。その北西部にあるカルヴィは、人口6000人ほどの小さな港町だ。

 この街のシンボルが、シタデルと呼ばれる城塞。コルシカ島がジェノヴァ共和国に支配されていた13世紀に築かれたものだ。

 驚かされるのは、その造営目的。東ローマ帝国など外部から身を守るためでなく、コルシカ島民の反乱に備えて造られたのだという。当時のジェノヴァといえば、地中海最強の都市国家。対抗しようとする勢力は皆無に等しかったものの、暴政に怒りを覚えた島民だけが、真っ向から対立していたのだ。

 内乱は16世紀半ばまで続き、砦の外壁は年々強固に。最終的に、約250メートル四方が石の壁で囲まれるようになった。

 そんな歴史はあるが、現在、城塞の中は実にのんびりとした雰囲気。城塞内のどこからでも海を眺めることができ、夏には多くのリゾート客が訪れている。

2016.03.07(月)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ