Magnificent View #886
ルメリヒサル(トルコ)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 イスタンブールに残るルメリヒサルは、1452年に造られた要塞。オスマン帝国のメフメト2世が、東ローマ帝国の首都コンスタティノープル(現在のイスタンブール)を攻撃する拠点として造営した。その名は、「ローマの城」という意味を持つ。

 当時のコンスタンティノープルは、古代ローマ帝国以来の堅固な城壁に守られた難攻不落の都市。そこでメフメト2世は、黒海からやって来る東ローマ帝国の応援艦隊を狙い撃ちすることを計画。ボスポラス海峡で最も海幅が狭いここに要塞を造り、対岸にすでにあったもうひとつの要塞と併せて両側から、大砲で攻撃をしようとしたのだ。

 要塞の長さは約250メートル。建築には、約1万人もの労働者を動員し、わずか4カ月で完成したという。

 1453年、53日間の包囲の後に、コンスタンティノープルは陥落。街はオスマン帝国の首都となった。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2016.03.04(金)
文=芹澤和美

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!