今日の絶景

今日の絶景

マレーシア最大の仏教寺院を彩る
旧正月の電飾はまるでテーマパーク

Magnificent View #859
極楽寺(マレーシア)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 ペナン島にある極楽寺はマレーシア最大の仏教寺院。1890年から20年もの歳月をかけて建設された壮大な建物だ。

 広大な境内には、金色の仏像や巨大な観音像などが立ち並び、さながらテーマパークのよう。なかでもひときわ目をひくのが、高さ30メートルの7層からなる仏塔だ。下層部が中国、中層部がタイ、上層部がビルマの様式と、3つの建築様式の混在した珍しい仏塔で、内部には1万体の仏像がはめ込まれている。

 毎年、旧正月を挟んで約1カ月にわたって行われるのが、盛大なイルミネーション。23万個の電球と1万個のランタンを使った大規模なもので、冬の風物詩にもなっている。例年、見物客と新年の参拝客が押し寄せ、近隣の道路は連日の大渋滞となるほどだという。

2016.02.06(土)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ