恋人カヴァラドッシと邪魔者スカルピア

佐藤康子(さとうやすこ)
東京芸術大学音楽学部、首席卒業。同大学院修士課程、博士課程修了、2010年に博士号取得。05年、イタリア・スポレート歌劇場でヴェルディ作曲『オベルト』のレオノーラ役でイタリアデビューを果たす。ギリシア国立歌劇場、スロベニア国立歌劇場、イタリアではイェーズィ、フェルモ、ブリンディズィの各劇場で『蝶々夫人』を演じ、好評を博した。

――『トスカ』には、恋人である画家のカヴァラドッシと、二人の仲を引き裂いてトスカをものにしようとする悪代官のようなローマ警視総監のスカルピアという対照的な男性が登場します。恋人のカヴァラドッシとは、お稽古でも感情が高まっていくのではないですか?

佐藤 私の相手役の笛田博昭さんは普段から仲のいい友達のようなテノール歌手ですが、私にとって初めての役ということもあり、妖艶なムードはこれから……という感じで、まだ出ていないと思います。3幕で、トスカとカヴァラドッシがユニゾンで歌う箇所があるのですが、あの場面はとても盛り上がると思いますね。

野田 私の相手役の村上敏明さんは舞台でもたくさんの二枚目役をやられていて、色々なソプラノの方の相手をされているので、今回のトスカでも、ものすごく自由にやらせてくれます。経験豊富でいらっしゃるので……。今回の演出ではっとしたのは、トスカは誇り高い歌姫なので、いつもカヴァラドッシのほうが後ろからトスカを追いかけてくるんです。プリマドンナだから「来てくれるわよね」っていう感じで。日本人だと、つい三歩下がってついていきたくなりますけど(笑)。

――悪代官のスカルピアとは、恋人が拷問されている隣の部屋でじりじりと迫られて、思いのままにされそうになるシーンがあります。

佐藤 スカルピアの須藤慎吾さんはまだ若くて、背も高いバリトンなので、声でバーンと攻めてくる演技です。悪役とはいえ素敵な方なので、見甲斐があると思いますよ。

野田 本当は嫌らしい役なんだけど、嫌らしさを出すのも難しいんですよね。私の組のスカルピアは折江忠道さん(藤原歌劇団の公演監督)ですが、普段はとても優しい方で、スカルピアでは「怖さ」を出していく迫力の演技ですね。皆さん、役を降りたらとても紳士なので、やはり「嫌らしい」というのは難しい。

<次のページ> 嫌いな男を刺し殺すトスカは悪女?

2016.01.27(水)
文=小田島久恵
撮影=佐藤 亘

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!