マレーシアごはん偏愛主義!

マレーシアごはん偏愛主義!

東南アジアのグルメ旅は朝食から全力で!
マレーシアの朝ごはんを総チェック

 マレー半島とボルネオ島北部にまたがる常夏の国、マレーシア。実はこの国、知る人ぞ知る美食の国なのです。そこでこの連載では、マレーシアの“おいしいごはん”のとりこになった人たちが集う「マレーシアごはんの会」より、おいしいマレーシア情報をお届け。多様な文化が融け合い、食べた人みんなを笑顔にする、とっておきのマレーシアごはんに出会えますよ。

 年中あたたかく、オープンエアの屋台が一日中(そして一年中!)大賑わいのマレーシア。外食文化が発展していて、「1日3食、外食」という人も珍しくありません。日本では「朝食を食べない」「朝ごはんはコーヒーだけ」という人もいますが、マレーシアではそんなこと、あり得ない! 屋台はもちろん、レストランにも早朝からたくさんの人が集まります。

 さらに朝ごはんから、マレーシアの名物料理を提供するところが多いのも、旅人には嬉しいポイント。グルメなマレーシア旅のコツは、朝からしっかりごはんを楽しむことにあるのです。

日本ですしや天ぷらを朝から食べる習慣はないが、マレーシアの名物料理は朝から食べられているものが多い。

 また、よく日本人がびっくりするのは、朝ごはんミーティング。朝ごはんを食べながらの打ち合わせ、朝ごはんデートなんてものもよくあります。それも平日、休日問わず。マレーシアでは「朝活」が日常生活の一部なのです。そこで今回は、そんなマレーシア人のパワーの源、朝食メニューを紹介します。短い日程の旅行なら、この朝ごはんメニューをスケジュールに組み入れれば、マレーシアグルメをもれなく堪能できるはずです!


マレーシアの朝ごはんといえば「ナシレマッ」
ココナッツミルクの香りで南国の朝を満喫

 マレーシアの国民食といわれる「ナシレマッ」は、朝ごはんの定番。ホテルの朝食ビュッフェには必ず用意されていますし、朝だけ出現する専門店も。バナナの葉で包まれた“ナシレマッおにぎり”を屋台で購入し、職場で食べるマレーシア人も多いです。

» ナシレマッとは?


一日の活力源は朝ごはんにあり!
「バクテー」は早朝から昼過ぎまでが勝負

 ガッツリ肉料理の「バクテー」ですが、伝統的な食事のスタイルは朝ごはん。その昔、肉体労働者の活力源として、豚の骨からとったダシ汁を朝食に飲んだ、というのがその由来です。専門店は早朝から家族連れでにぎわい、昼過ぎで閉店の店もあります。

» バクテーとは?


マレー半島東海岸の定番朝ごはん
クールなルックスで涼しさも運ぶ!?

 青いごはんこと「ナシ・ケラブ」。パラパラ食感のご飯に、ハーブたっぷりの爽やかな味で、朝ごはんにぴったりです。ハーブの繊維質の関係なのか、腹持ちがいいのも朝ごはん向きだとか。マレー半島東側の町の朝ごはんには欠かせないメニューです。

» ナシ・ケラブとは?


ピリッと辛い料理で朝から覚醒!
奥深きマレーシアの焼きそば「ミーゴレン」

 インド系マレーシア人が経営する食堂「ママッ」で提供している「ミーゴレン」。辛みの強い麺に溶き卵が絡みついた濃厚な味。このパンチのある味を朝からペロッとたいらげるのが、マレーシアの食文化。常夏のマレーシアの気候によく合う味です。

» ミーゴレンとは?


日本人の舌にも合うスープ麺
やさしいダシのうま味でホッと一息

 辛くなくて、日本人にも食べやすい朝ごはんといえば、「ミー・スープ」。ダシは鶏や煮干しを使ったものが多く、体の疲れがふわっと抜けていくような滋味深さがあります。牛肉たっぷりの「ビーフヌードル」、幅広の麺の「フォーファン」も人気です。

» ビーフヌードルとは?


ココナッツミルクと卵のハーモニー!
マレーシア式朝食の定番「カヤトースト」

 マレーシア的モーニングの鉄板メニュー、「カヤトースト」。サクッと焼き上げた食パンに、ココナッツミルクで作った甘いカヤジャムとバターをダブルで挟んだもの。これに、コピ(甘いコーヒー)またはテタレ(甘いミルクティー)をつけるのがマレーシア流。

» カヤトーストとは?


マレーシアの朝はパンケーキで始まる!
サクサクで軽い食感の「ロティ・チャナイ」

 パイのようなサクサク食感の生地を、カレーソースにつけて食べる「ロティ・チャナイ」。インド系の屋台で提供している軽食で、人気の朝ごはんです。卵入り、チーズ入りなど種類も豊富。これを食べずして、マレーシアの朝は語れません。

» ロティ・チャナイとは?


スイーツ天国マレーシアは
朝から“クエ”が欠かせない!

 マレーシアでは、お菓子全般のことを「クエ」といいますが、なかでも人気なのが、甘さひかえめ、モチモチ食感の蒸し菓子クエ。マレーシア人の朝ごはんによく登場します。朝食は小食という人は、前日に購入してホテルで食べるというのもあり(日持ちしないので、その点はご注意を!)。

» クエとは?


サクサクの生地にカレー味のジャガイモ
スナック菓子「カレーパフ」&テタレ

 日本でいうとカレーパンによく似た「カレーパフ」。パリッと揚げた生地の中に、カレー味のマッシュポテトが入っています。手軽に食べられるスナックで、テタレ(甘いミルクティー)と一緒に朝ごはんで食べます。スパイシーな香辛料が食欲を刺激してくれます。


朝から体験すべき美食はこれ!
地元の人気店で味わう「点心・飲茶」

 中国系民族が多く暮らすマレーシアは、「点心・飲茶」が絶品です! とくにねらい目の店は、中国系が住むエリアにあるローカルな屋台。朝6時頃から営業を開始し、10時頃には売り切れ御免の店もあり、蒸したて点心が驚くほどの安さでいただけます。


 いかがでしたか。思い返せばマレーシアに住んでいたころ。朝、会社に出勤すると、同僚のマレーシア人がニンニク臭ぷんぷんの激辛チリソース入り「ナシレマッ」をワシワシ食べていて、その強靭な胃袋に尊敬の念を抱いたものでした。また、早朝から大行列の屋台も多く、人ごみにもまれながら「今、朝よね? 朝よね?」と時計を何度も見直したこともあります。

 とにかく、マレーシア人にとって、朝ごはんは大事。一日を気分よくスタートさせるには、おいしいごはんが必須なのです。この国に訪れたらぜひ、朝から町にくり出し、地元の人に交じって朝ごはんを食べてください。

マレーシアごはんの会 古川 音(ふるかわ おと)
「マレーシアごはんの会」にて、マレーシア料理店とコラボしたイベント、マレーシア人シェフに習う料理教室を企画・開催。クアラルンプールに4年滞在した経験をもち、『ニッポンの評判』(新潮新書)のマレーシア編を執筆。マレーシアごはんの会の活動のほか、情報サイト「All About」でのマレーシアライター、食文化講演も担当している。
オフィシャルサイト http://www.malaysiafoodnet.com/

2016.01.23(土)

文=古川音
撮影=古川音、三浦菜穂子

同じテーマの記事

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ