伊豆の春を感じる週末時間

伊豆の春を感じる週末時間

春を迎えに、彩りの伊豆へ 
“伊豆花遍路”で花巡りを楽しむ旅

 吹く風はまだ冷たいけれど、どこからか梅の香りが漂い、春が少しだけ近づいてくるのを感じる季節。こんな季節の週末旅にぴったりなのが「伊豆花遍路」だ。

 伊豆花遍路は、ノート型に綴じられた手ぬぐいにオリジナルスタンプを押しながら伊豆各地を旅し、季節の花を楽しむユニークなキャンペーン。スタンプ設置場所は伊豆半島の25カ所にあり、神社仏閣、美術館、カフェなどジャンルも多彩。たとえば三島や修善寺の花を巡りながら、ご利益を願ったり、スイーツを堪能したり……という和み旅も楽しい。

 いわば、花巡りの御朱印帳。スタンプは押す数も押し方にも指定はないので、自由に旅を楽しむことで、思い出が詰まったオリジナル手ぬぐいができあがる。冬の間に縮こまった心と体を花の香りでデトックス。そんな伊豆花遍路の旅はいかが?

旅の始まりは手ぬぐいから

 「伊豆花遍路」の旅に欠かせないのが「伊豆花遍路スタンプ手ぬぐい」。熱海・伊東、中伊豆、東伊豆、西伊豆、南伊豆の各エリアの販売場所で、旅の始まりはもちろん、旅の途中でも購入できる。スタンプ朱肉は油性なので水に濡れても安心!

[AM 10:00] 大岡信ことば館 <三島>

 今回の伊豆の旅は三島から。まずは三島市出身の詩人・大岡信の精神に基づき「ことば」の魅力を展示やイベントで表現する「大岡信ことば館」へ。大岡の世界が館内に広がり、日本語の美しさに改めて感嘆。大岡の詩「世界は紙にも還元できる」に沿った「ペーパー?ペーパー! ―世界は紙にも還元できる―」展を開催中(~2016/3/6)。ここでスタンプ手ぬぐいを入手。

大岡信ことば館
所在地 静岡県三島市文教町1-9-11 Z会文教町ビル1・2F
電話番号 055-976-9160
開館時間 10:00~17:00(入館は閉館時間の30分前まで)
定休日 月曜(祝日の場合は翌日休)
URL http://kotobakan.jp/

[AM 11:00] 甘味茶屋 水月 <三島>

 ちょっと気の早いおやつを求め、地元で評判の「甘味茶屋 水月」へ。店頭の作業場で焼かれている「三島甘藷どら焼き」は、地元名産のサツマイモ「三島甘藷」を使った餡を、ふっくら香ばしい皮でサンド。甘さ控えめながらお芋の風味がたっぷりで、ついつい2個目に手が伸びそう。マスターズ陸上のアジア大会優勝というご主人の話を楽しみながら、メダルにちなんだスタンプを押印。

甘味茶屋 水月
所在地 静岡県三島市中央町3-3
電話番号 055-975-5553
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜

<次のページ> 伊豆国一の宮、歴史ある「三嶋大社」へ

2016.01.15(金)

text=Yuko Harigae(Giraffe)
photographs=Takashi Shimizu
map=Kenji Oguro

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ