マレーシアごはん偏愛主義!

マレーシアごはん偏愛主義!

マレーシアで食べる赤いスープカレー!
酸味と辛さを楽しむ「アッサムペダス」

 マレー半島とボルネオ島北部にまたがる常夏の国、マレーシア。実はこの国、知る人ぞ知る美食の国なのです。そこでこの連載では、マレーシアの“おいしいごはん”のとりこになった人たちが集う「マレーシアごはんの会」より、おいしいマレーシア情報をお届け。多様な文化が融け合い、食べた人みんなを笑顔にする、とっておきのマレーシアごはんに出会えますよ。

真っ赤なスープにシーフードの旨みが凝縮!

 今回ご紹介するマレーシアごはんは、真っ赤な見た目で思わず「辛そう~!」と声に出してしまうこのごはん! 近年、世界遺産の町として人気の高い古都マラッカで食べられている「アッサムペダス」です。

左:アッサムペダスのメインの具はシーフード。大量のチリ、クローブ、レモングラスやタマリンドなどの香辛料を使って煮込むことで魚の臭みはなくなり、辛いながらもとてもあっさりとした味。
右:野菜もごろごろ入ったアッサムペダス。メインのシーフードに合わせて、大きなオクラ、酸味添えのためのトマトを入れたりと、店によって具が少しずつ変わるのが楽しい。

 このぎらぎらとして美味しそうなビジュアル! マレー語で「アッサム」は「酸っぱい」、「ペダス」は「辛い」、つまり「アッサムペダス」とは「酸っぱ辛い」味。そして、新鮮な魚介を使っていることが特徴で、私はいつもこのアッサムペダスを、「マレーシア版フィッシュ・スープカレー」と呼んでいます。また、酸っぱ辛いだけではなく魚の出汁が効いていて、旨みが凝縮された味わい深いスープカレーなのです!

味の決め手は魚の鮮度と辛さ!

アッサムペダスの専門店。さまざまな魚介類が並び、好みの魚を選ぶことができる。サバやアジ、エイなどが人気だが、そのほかの魚でも調理は可能。

 アッサムペダスの味の決め手は何と言っても、新鮮な魚介だからこそ味わえる魚の出汁と、マレーシア人ですらも「辛い!」と評する、その赤いスープです。チリで辛みを、そしてレモングラスやタマリンドで酸味をつけた、香辛料たっぷりな酸っぱ辛いスープカレーで魚を煮込みますが、辛いと言ってもさらさらとした喉ごしでとても食べやすいため、気が付けばするりと食べ終わってしまうのでご安心を。そして、魚介の鮮度や魚の種類もとても重要で、味にうるさいマレーシア人、「この魚がいい」「この部位を使ってほしい」と、いろいろと好みがあるようです。

選んだ魚をカットしたら、鍋にスープを注ぎ込んでぐつぐつと煮込む。元のスープも十分に辛いが、好みを伝えればさらにチリを足してくれる。
煮込んで完成したアッサムペダス。グループで食べに行くと、魚や部位を変えて何種類も頼み、いろいろな味を楽しむのがマレーシア流。

※2ページ目に、マラッカのアッサムペダス専門店の様子を動画で紹介しています。次々に煮込まれていくアッサムペダスや、スープをご飯にかけて右手で器用にいただくマレーシア人の様子をレポートしています! お見逃しなく!

<次のページ> 相性抜群! 具とスープをご飯にかけて混ぜ混ぜ

2016.01.08(金)

文=三浦菜穂子
撮影=三浦菜穂子、古川音

同じテーマの記事

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ