イタリア語で「5つの土地」を意味するチンクエテッレ。チンクエテッレのなかでも、最も古い歴史をもつ村のひとつで、チンクエテッレの楽しさがすべて凝縮している、いちばん大きな村が「モンテロッソ・アル・マーレ」。

 道は平坦なところが多く、気の向くままのんびり散策を楽しめる。村の規模も比較的大きく、レストランやショップが充実。今回は、村の中にある魅惑の5店をご紹介。

» 第1回 必食の名物メニュー満載の「リストランテ」
» 第2回 メイド・イン・チンクエテッレの「お土産屋さん」
» 第3回 美味しいものがぎっしり詰まった「カンティーナ」
» 第4回 リグーリアの郷土菓子なら「粉もの屋さん」へ

●村にあるもの〈5〉 ペスト屋さん
Baico(バイコ)

本場だからこそ味わえるフレッシュなジェノヴェーゼ

イタリア産の一級食材のみを使ったフレッシュで濃厚なペスト 7ユーロ。

 チンクエテッレの村々で特徴的なのが、必ずといっていいほど、手作りにこだわる“ペスト屋さん”があること。いわゆるジェノヴェーゼ・ペーストだが、ご当地ではシンプルに“ペスト”と呼んでいる。

左:こぢんまりした店内には、様々な名産食材が並んでいる。
右:ペストによく合うご当地パスタ“トロフィエ”4.50ユーロ、ご当地パン“パニガッチョ”3ユーロ。

 こちらは、2015年にオープンした話題店。店内で作りたての新鮮なものを購入できる。フレッシュだから要冷蔵で賞味期限は2週間。日本へのお土産にはむずかしいが、本場ならではの美味しさ、ぜひお試しあれ!

Baico(バイコ)
所在地 Via Roma 35, Monterosso al Mare, La Spezia
営業時間 10:00~20:00(夏季 ~21:30)
休業期間 11~2月

モンテロッソ・アル・マーレ
アクセス ラ・スペツィアから列車で約25分、または遊覧船で約2時間、高速列車などを乗り継いでジェノヴァから約1時間20分、ミラノから約3時間。

Feature

リヴィエラの楽しさが凝縮された
モンテロッソ・アル・マーレへ

構成・文=矢野詔次郎
撮影=木村金太
コーディネイト=大平美智子
協力=イタリア政府観光局

この記事の掲載号

憧れのリヴィエラ

CREA Traveller 2016年冬号

イタリア 奇跡の海岸へ
憧れのリヴィエラ

定価1010円(税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2016年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。