メキシコシティで体感する 最新型のラテン美食シーン

メキシコシティで体感する 最新型のラテン美食シーン

コオロギもアルマジロも食べ尽くす!
メキシコシティの貪欲すぎる食文化

 2013年から始まった「ラテンアメリカ・ベストレストラン50」は、「世界ベストレストラン50」の南米版。過去2回、その授賞式会場はペルーのリマだったが、2015年はメキシコシティへと移った。セレモニーのクライマックスである上位10位を発表すると同時に、歴史あふれるメキシコシティの魅力と、この地の食を支える農業や市場についてのレポートをお届けする。

ラテンアメリカNo.1レストランの栄誉に輝いたのは?

会場全体が固唾を飲むなか、1位の発表。

 「ラテンアメリカ・ベストレストラン50」の参加国は、メキシコ、アルゼンチン、ブラジル、チリはじめ29の国と地域にのぼる。今回、メキシコシティで行なわれた授賞式は、16世紀に建てられた学校という由緒ある建物が会場で、上位10位の発表を迎えて熱気に包まれていた。

 私が食事に行った「ビコ」は10位、「プジョル」は9位。そして、「キントニール」という店が6位に入り、同時にベスト・メキシコレストランに輝いた。ということは、上位5位はメキシコ以外。発表される度に歓声が湧く。

 そして、ついに1位の発表。1位は、2014年と同じペルーのリマにある「セントラル」が獲得。ペルー勢は、このほか5位に「マイド」、3位に「アストリド・イ・ガストン」が入り、相変わらずの水準の高さを見せつけた。

トロフィーを持って1位受賞の喜びを語る、「セントラル」のシェフ、ヴィルジリオ・マルティネス(右)とピア・レオン(左)。

 ベストテンは下記の通り。

  • ・第1位 Central(セントラル)[リマ/ペルー]
  • ・第2位 Boragó(ボラゴ)[サンティアゴ/チリ]
  • ・第3位 Astrid y Gastón(アストリド・イ・ガストン)[リマ/ペルー]
  • ・第4位 D.O.M.(ドン)[サンパウロ/ブラジル]
  • ・第5位 Maido(マイド)[リマ/ペルー]
  • ・第6位 Quintonil(キントニール)[メキシコシティ/メキシコ]
  • ・第7位 Tegui(テグイ)[ブエノスアイレス/アルゼンチン]
  • ・第8位 Maní(マニ)[サンパウロ/ブラジル]
  • ・第9位 Pujol(プジョル)[メキシコシティ/メキシコ]
  • ・第10位 Biko(ビコ)[メキシコシティ/メキシコ]

 今年は50位以内に10店が入ったメキシコと11店が入ったアルゼンチン、そして10位以内に3店がランクインしたペルーが目立った。またブラジル勢は、2014年3位だった「ドン」と4位だった「マニ」がそれぞれ順位は落としたものの、順当に10位内に入賞する結果となった。

 もちろん10位内に入るのはたいへんな栄誉。シェフたちにとって、「ラテンアメリカ・ベストレストラン50」に名前がエントリーされるのは、美食界での注目を浴びる大切な機会なのだ。

Latin America's 50 Best Restaurants
(ラテンアメリカ・ベストレストラン50)

URL http://www.theworlds50best.com/latinamerica/en/

<次のページ> ディエゴ・リベラの巨大壁画はまさに必見!

2015.12.30(水)

文・撮影=小野アムスデン道子

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ