今日の絶景

今日の絶景

プラハを代表する教会の入口の場所が
異常なまでに分かりにくい理由とは?

Magnificent View #816
ティーン教会(チェコ)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 チェコの首都プラハに立つこの教会の正式名称は、「税関の前の聖母マリア教会」。かつて裏側に税関(ティーン)があったため、この名が付けられた。

 目を引くのは、高さ80メートルの尖塔。堂内には、プラハ最古のパイプオルガンや17世紀に描かれた祭壇画、豪華なシャンデリアもあり、この街きっての観光スポットにもなっている。

 そんな有名な教会ながら、入口はとても分かりにくい。正面玄関の前に立つ建物の1階にあるレストランを経由しなければ、堂内に入ることができないのだ。

 その理由は、1620年に勃発した 「白山の戦い」に由来する。この教会はもともとフス派プロテスタントの拠点だったが、プロテスタントの敗北により、ローマカトリックの教会に変わってしまった。それを不満とするフス派の人々が、教会の入口を塞ごうと、建物を建ててしまったのだ。

 そんな過去もあるが、現在はいたって平和。クリスマスシーズンから1月1日にかけては、教会の前に広がる旧市街広場に巨大なクリスマスツリーも登場。美しくライトアップされたティーン教会とともに、冬の旧市街広場のシンボルとなっている。

2015.12.25(金)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ