カナダ、感嘆の旅

カナダ、感嘆の旅

カナダの東、『赤毛のアン』の島は
ゆったりスローライフで快適度満点!

 プリンス・エドワード島はロブスターをはじめオイスターなどシーフードがおいしいが、実は農産物も美味。30種類ものポテトは、カナダ産の3割を占める特産品だ。オーガニック農家も多く、自然の旨味たっぷりの食材に出合える。

PRINCE EDWARD ISLAND(プリンス・エドワード島)

フレンチリバーの入り江は、島でも人気のスポット。
プリンス・エドワード島は、カナダが独立するときに建国会議が開かれた由緒ある島だ。
春、天気が良くなるといっせいに花開き、黄色に染まるタンポポ畑。

PRINCE EDWARD ISLAND(プリンス・エドワード島)
アクセス 日本からはバンクーバーか、カルガリー、あるいはトロント経由で行くのが一般的。日本からのフライト時間は、例えば島への直行便の多いトロントまで約12時間、トロント~プリンス・エドワード島は約2時間。
時差 日本時間 −13時間(サマータイム時は −12時間)
通貨 カナダドル(1カナダドル=約93円 ※2015年11月現在)
気候 3月までは深い雪に覆われるプリンス・エドワード島。4月中旬から春を迎え、夏場は30度近くまで気温が上がる日も。9月には秋本番で、10月頃には美しい紅葉が見られる。夏でも朝晩は涼しいので羽織るものが必要。

<次のページ> ダイニング自慢のクラシックホテルに滞在

2015.12.10(木)

構成・文=大沢さつき
撮影=志水 隆
コーディネイト=鈴木浩子、森 一英
協力=カナダ観光局、プリンス・エドワード島州政府観光局、ケベック州政府観光局

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA Traveller 2016年冬号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ