よりワイルドライフを満喫するテントヴィラ

テントヴィラに泊まれば、気分はぐっとアウトドア~。周囲にはウサギを追いかける犬やイノシシの親子がいたりと、環境もワイルドライフです。

 実は、ジェットウィング・ヤーラの敷地内に、10のテントヴィラがある。本館と同じバスルームを備えたテントなのだが、とても素朴な雰囲気。サファリ体験の感動をより深めたいなら、このテントに泊まるのも楽しいかも。

左:アフタヌーンティーをカジュアルにしたアフタヌーンスナック。
右:セットにはなんと! 春巻きもあり、カジュアル感満載で、なんだか楽しい。

 しかもこのテント、1室2名利用のオール・インクルーシブ。3食にアルコールを含むドリンク、アフタヌーンスナック、1日2回のサファリ(公園入場料・ジープ代・軽食・ドリンク)で700USドル(2名分)。国立公園の入場料だけでも2名分で50ドルするので、もろもろ考えると、とってもリーズナブルな料金だ。

本格的なテントヴィラは冷房完備で、新しいバスルームを併設。
夕方になるとこんなイノシシのお友だちが訪ねてくる。けっこう大きいのでドキドキするが、猪突猛進で人間に突っ込んでくることはないそうだ。

 テントに宿泊してももちろん本館の施設を利用できるし、レストランでの食事もできるが、テントのテラスに料理を用意してもらうことも可能。ディナーには、ランタンをテントの周りに立て、ロマンティックな光の演出もしてくれる。料理は本館のダイニングから運ばれるので、味は保証つき。こんな一夜を過ごすのも休暇のワクワク感にはアリかもしれない。

ランタン灯してディナーを楽しむ。もちろんバトラー君のサーブ付き。
メインディッシュはシーフードの盛り合わせ。フレッシュな魚介が食べられる。

Jetwing Yala(ジェットウィング・ヤーラ)
所在地 Yala, Sri Lanka
電話番号 +94-47-4710-710
URL http://www.jetwinghotels.com/

【日本での問い合わせ先】
ジェットウィング・トラベルズ&ホテルズ

電話番号 03-3476-7277

大沢さつき(おおさわ さつき)
大好きなホテル:LAPA PALACE@リスボン
大好きなレストラン:TORRE DEL SARACINO@ソレント
感動した旅:フィリピンのパラワン島ボートダイビング、ボツワナのサファリクルーズ、ムーティ指揮カラヤン没後10周年追悼ヴェルディ「レクイエム」@ウィーン楽友協会
今行きたい場所:マチュピチュ

Column

トラベルライターの旅のデジカメ虫干しノート

大都会から秘境まで、世界中を旅してきた女性トラベルライターたちが、デジカメのメモリーの奥に眠らせたまま未公開だった小ネタをお蔵出し。地球は驚きと笑いに満ちている!

2015.12.08(火)
文・撮影=大沢さつき

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!