今日の絶景

今日の絶景

インドを代表するITビジネス都市の
下町に鎮座するイスラム風の塔

Magnificent View #798
チャールミナール(インド)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 ハイデラバードは、インドを代表するITビジネスの街。また、ヒンドゥー教徒が多いこの国にあって珍しく、イスラム色が強い街でもある。

 そんな街のシンボルとなっているのが、旧市街に立つイスラム建築の塔、チャールミナールだ。1591年、市内で流行していた伝染病が終息したことを祝って、当時の王により建造された。名前は現地の言葉で「4つの尖塔」を意味するように、建物の四隅には塔が設けられている。

 建物は4階建てで、149段の長い階段を昇り、屋上から街を見下ろすことも可能。眼下に広がるのは、食べ物や装飾品を売るにぎやかな市場だ。経済発展が著しい都市の、素顔をのぞくことができる。

 ここは街を代表する観光スポットとしても知られているが、損傷を心配する声も多い。実際、2010年には降り続く雨が原因で、1本の塔が損壊してしまったのだという。

2015.12.07(月)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ