ハイライン周辺にはこんなに楽しいところがいっぱい。

 引っ越してきたばかりのホイットニー美術館やチェルシーのギャラリー街。みんな大好きチェルシー・マーケットやニューオープンのガンズボート・マーケットでお腹もしっかり満たせます。

 ハイラインの周りで過ごすだけでも一日じゃ足りないんです。

» 第1回 ハイラインの歩き方
» 第3回 フードマーケットで楽しむ

◆ Whitney Museum of American Art (ホイットニー美術館)

レンゾ・ピアノが設計した新美術館はスタイリッシュで機能的。

 2015年5月にオープンしたばかり。1931年に初めてダウンタウンにできてから引っ越しを繰り返し、ようやくここに碇を下ろすことになった。ミートパッキングエリアの新しいシンボルだ。

5階の展示スペースからはハドソン川と美しい夕日が見える。

 アメリカの近・現代の美術作品が充実しており、大型のインスタレーションも多いが、美術館デザインの経験が豊富なレンゾ・ピアノはその運搬への配慮だけでなく、アートを見せるための建築を分かっているので、とても見やすい。美術館からの景色もいいので長居してしまう。

The High Line(ハイライン)
所在地 99 Gansevoort St., New York, NY
電話番号 +1-212-570-3600
開館時間 10:30~18:00(木~土曜 10:30~22:00)
休館日 火曜
入館料 22ドル 
URL http://whitney.org/

<次のページ> チェルシーのギャラリー街

文=CREA Traveller編集部
撮影=橋本 篤
コーディネート=日比野靖代(fish*co.)

この記事の掲載号

華麗なるニューヨーク

CREA Traveller 2015年秋号

眩しすぎる街を完全ガイド
華麗なるニューヨーク

定価1010円(税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2015年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。