京都の喫茶店では昔から「イタリアン」とも呼ばれているナポリタンスパゲティ。

 長年愛されてきた街角の名店4軒の、ときどき無性に食べたくなる懐かしの味をご紹介。

» 第1回 ふんわり卵を敷いた鉄板ナポリタン「喫茶マドラグ」
» 第2回 極太麺の洋食風ナポリタン「イノダコーヒ本店」
» 第4回 昔ながらのお母さんの味「喫茶チロル」

◆ 前田珈琲 室町本店

特注の厚切りハムなど、具は大きめでたっぷり

ナポリタン 770円(税込)。

 創業して44年、地元では「前田のナポリタン」と呼ばれ、定番メニューとして不動の人気。創業者である会長の前田隆弘さんはイノダコーヒの出身で、その味を継承しながら自店の味を作りあげた。

 サンドイッチにも使用する特注の厚切りハムと、玉葱、ピーマン、マッシュルーム、具は大きめでたっぷり。ケチャップは濃厚でありながら、さっぱりした酸味と隠し味程度の辛味。中太麵としっかり絡めて多めのバターで炒めてあるため、ふわっと香るバターと甘味が後口に広がり、優しい味の印象となって記憶に残る。

会長 前田隆弘さん

「1.9ミリ麵×ケチャップの酸味にバターのコクがポイントです」

前田珈琲 室町本店
所在地 京都市中京区蛸薬師通り烏丸西入ル橋弁慶町236
電話番号 075-255-2588
営業時間 7:00~19:00
定休日 無休
URL http://www.maedacoffee.com/
※カード利用可

2015.11.04(水)
text=Yoko Fujii
photographs=Hideya Katsura

CREA 2015年11月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

京都ひとりガイド

CREA 2015年11月号

食べて、遊んで、秋の旅
京都ひとりガイド

定価780円

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!