冬の足音が聞こえるこの時期は贈りものの季節。クリスマスや年末年始、人が集う多くの機会に気が利いたギフトはかかせません。さて何を贈ろう? と迷うみなさんのため、今年も恒例の人気企画「贈りもの」特集をご用意しました!

全国47都道府県を網羅した手土産リストは必見!

栃木の「日光 グルマンズ和牛 ヴィ―ルクラブ」のタータルハンバーグ。

 モードなブランドギフトにはじまり、肌と心にやさしいオーガニックコスメ、見とれるほど美しいスイーツ、いま話題の“ヴィエノワズリー”や“ベイク”、みんなで食べたい肉・蟹・鍋などなど、約600点ものギフトが詰まった充実の一冊に今年もなりました。撮影のスタートはこちらも恒例の47都道府県の手土産リスト。連日怒涛のように届く各地の銘産手土産をほおばりながらの撮影で、体がひと回り大きくなったような……(デスクG) » 目次をみる

贈りものにピッタリな味が揃う「オーボンヴュータン」

サラダやソーセージ、ハンバーグなどのお惣菜まで30種類以上を超える品揃え!

 スイーツ好きで贈りもの感度の高い人たちには元々ファンの多い、フランス菓子の「オーボンヴュータン」。今年の春に移転・リニューアルしたのと同時に、河田勝彦さんの次男、力也さんの作るシャルキュトリーも加わって、大賑わいをみせている! 中でも「テリーヌ・アマッチ」「パテ アン クルート」は、見た目の美しさに加え、悶絶するおいしさ。撮影時の試食ではお水を片手に「あ~これがワインだったら……」と無念だったけど、冬の集まりにはこちらを手みやげに飲みまくろう~。ぜひ、訪ねてみて!(編集U) » 目次をみる

シーンや相手の趣味に合わせて送りたい本とCDのセット

Brian Enoの『Apollo: Atmospheres & Soundtracks』(左)とミヒャエル・エンデの『影の縫製機』(右)。

 シーンや相手の趣味に合わせて贈りたい本とCDのセットを11組、「BEAMS創造研究所」の青野賢一さんに選んでいただきました。写真は、忙しい友人や家族へ、良質な睡眠をとってほしいという願いを込めて贈りたいセット。他にも、アート好き、料理好き、ドライブ好きの人へ贈りたいセットなど、これさえ参考にすれば、応用も考えられるのがいい。日常を彩るために、自分で自分への贈りものにするのもオススメです。(編集K) » 目次をみる

みっちり手土産からは、贈った相手の歓声が聞こえそう!

「帝国ホテル」のガルガンチュワサンドイッチ 12,000円。なんと直径30センチ!

 せっかく贈るなら、喜ぶ顔が見たいもの。そこで今回は、クッキーやお茶漬け、いなりずしなど、箱の中にみっちりと美味の詰まった手土産を集めました。写真は撮影現場で一番歓声があがった「帝国ホテル」の逸品。実は、パンでできたバスケットにフルーツと2段のサンドイッチがぎっしり。ほかにも、整然と缶の中にならぶ200枚以上のおかきや、箱いっぱいに入った和栗のモンブランなど、多幸感ある9品をご紹介。(編集S) » 目次をみる

[ オンライン書店で購入する ]

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • 7netShopping

[ 電子版を購入する ]

  • アマゾンkindle
  • 楽天kobo
  • 紀伊國屋書店
  • ReaderStore
  • BookLive
  • honto

編集部員が最新号の見どころをtweet中!

 CREA編集部員が、取材裏話のほか、連載の見どころなどをツイッターで発信中です。#crea_editを付けてのCREAへの応援メッセージもお待ちしています!

Column

「CREA」今月号の見どころ

「CREA」最新号の見どころを紹介していきます。

2015.11.06(金)

CREA 2015年12月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

贈りものバイブル

CREA 2015年12月号

おいしいものからずっと使えるものまで
贈りものバイブル

定価780円

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!