肱岡香子のSweetsな手みやげ

肱岡香子のSweetsな手みやげ

和三盆の甘みがやさしいメレンゲ菓子
金沢の銘茶とセットで手みやげに

前回に続き、金沢シリーズ第4弾です。今回ご紹介するのは、茶房 一笑の「鈴玉」というお菓子です。

 茶房 一笑は、城下町の風情をのこす「ひがし茶屋街」にあるお店。加賀の特産、加賀棒茶で有名な丸八製茶場の日本茶専門店。建物の佇まいやインテリアもすてきな、金沢の名所的カフェです。こちらのお茶とお菓子(セットで1,080円)、本当においしいです。

「鈴玉 くるみ」国産の鬼ぐるみを使ったメレンゲ菓子。和三盆の甘さがやさしいです。

 先日、私は棒茶とセットの「鈴玉 くるみ」をいただきました。

 「鈴玉 くるみ」はメレンゲ菓子。しゅわっと口の中で溶けるときに、くるみの風味が立ち上がってくる味わい深いお菓子です。これが香ばしい加賀棒茶ととっても合うのです。この組み合わせそのままを手みやげにしたいと思って、加賀棒茶のティーバッグ(12個入り 648円)と鈴玉(10個入り 356円)をセットにして、3組買って帰りました。鈴玉は“ぷれーん”もあります。ぷれーんは、和三盆のやさしい甘みをシンプルに味わえます。

 ちなみに、お店では、棒茶の他に、煎茶、玉露、抹茶、生ジュースのいずれかと、お菓子のセットでいただけます。お菓子は、季節によっていろいろのようです。

<次のページ> 手みやげのお茶はティーバッグが正解

2015.10.27(火)

同じテーマの記事

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ