手軽な「ナシ・カンダー」でビリヤニをチョイス!

 マレーシアを訪れて、気軽にビリヤニを食べてみたい! と思ったら、インド系のお店に行きましょう。中でも誰もが簡単にお店を見つけられるのが、インド系のカレーや惣菜をいただける「ナシ・カンダー」というスタイルのお店です。インド系マレーシア人が多く集う町には必ずある大衆食堂で、たくさんのカレーや惣菜が銀色のバットに盛られていて、遠くから見てもテンションの上がるごはん風景が特徴です。

ナシ・カンダー屋の店内。ご飯に、カレーや惣菜を選び、お好みの量で盛り付けることができる。自分で盛っても、お店の人にお願いしてもどちらでもOK! 盛り付けたお肉や惣菜の量で値段が変動するスタイル。

※4ページ目に、ナシ・カンダー屋の店内の様子を動画で紹介しています。ビリヤニやカレー、そして惣菜が並んだ店内の風景をお見逃しなく!

 ナシ・カンダー屋では、白いご飯のほかにビリヤニも用意されており、お皿にご飯を盛ってもらう際に「ビリヤニにして~」と伝えると、スパイスの香りたっぷりのビリヤニを盛り付けてくれます。ご飯が主役というよりも、その周りに盛られたさまざまな惣菜が目を引く、マレーシアで進化したビリヤニスタイルです。

ナシ・カンダー屋で盛り付けた、ビリヤニと惣菜の数々。肉、野菜、卵、そしてグレービーを、しっかり味のついたビリヤニに絡ませて口に運ぶと、スパイスやカレーの風味が混ざり合い、まさに最高級のぶっかけごはんに!

<次のページ> おこげまで楽しめちゃう! 「クレイポットビリヤニ」

2015.10.18(日)
文=三浦菜穂子
撮影=三浦菜穂子、古川音