今日の絶景

今日の絶景

リヒテンシュタインの君主が暮らす
ものものしい警備とは無縁の居城

Magnificent View #727
ファドゥーツ城(リヒテンシュタイン)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 スイスとオーストリアにはさまれた小さな国、リヒテンシュタイン公国。その首都ファドゥーツは、歩いて一周できるほどのこぢんまりとした街。街並みを見下ろすようにして立つのが、丘の上のファドゥーツ城だ。

 城の建設は12世紀と伝えられている。1499年、戦争による火災で一部が崩壊し、その後、増改築を繰り返した末、建物は監獄や軍の兵舎として利用されることに。20世紀初頭、公爵ヨハン2世の時代に大改修が行われ、1938年以降はリヒテンシュタイン公爵家の居城となった。

 一国の城とはいえ、ものものしい警備もなく、正面に警備員が一人いるだけと、雰囲気はなんとものんびり。城内は一般公開されていないが、城へ続く山の中腹は、ハイキングコースとして人気があるのだとか。ピツォールの山々やライン川を眺めることができる展望台も用意されている。

2015.09.27(日)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ