かつて王族と宮廷人たちが優雅に暮らした当時の趣を今に伝えるからか、時代は変われど、パリ郊外の高級住宅地として人気の高いヴェルサイユ。品格ある町中には、ラグジュアリートラベラーを満足させるお店やスポットもたくさん!

» 第1回 歴史を物語る老舗ホテルと1ツ星レストラン
» 第3回 アンティーク街で貴族気分のお宝探し

散策途中に立ち寄って心地いい休憩タイム

香りの中庭。左から、「メゾン・ファブル」、「ディプティック」、「ゲラン」のブティック。

 宮殿のすぐそばに2013年オープンした「Cour des Senteurs(香りの中庭)」は、その名の通り、フランスならではの優雅なフレグランスの伝統を体感できる話題のスポット。

 香りの歴史を学べる“香水の館”のほか、春の訪れとともにたくさんの花が咲くガーデンもあり、市街散策の途中に休憩するのにうってつけ。天気のいい日は芝生で寝転ぶのも気持ちいい。

「ルノートル」のブティックも。

 また、ゲランをはじめ4つのブティックがあり、ここでしか購入できない限定アイテムを用意。お土産にぜひ!

Cour des Senteurs(香りの中庭)
所在地 8 Rue de la Chancellerie 78000  Versailles

<次のページ> マリー・アントワネットが好んだ香りとは?

文=矢野詔次郎
撮影=小野祐次

この記事の掲載号

フランス美を巡る旅

CREA Traveller 2015年夏号

【永久保存版】失われしロワイヤルを求めて
フランス美を巡る旅

定価1010円(税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2015年夏号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。