かつて台北城があった南側のエリアは「南区」または「城南区」と呼ばれています。

 師範大学や台湾大学を擁し、昔からたくさんの文化人が住んできた土地柄ということもあり、文学的な薫り漂う店が多いのが特色です。

 今回はそんな城南エリアのおしゃれなカフェをご紹介します。

台湾大学の椰子の並木を眺めながら憩う「找到咖啡」

台湾大学正門近くにある「新月台ビル」。

 もともと師範大学ちかくにあった店が昨年移転し、1階と2階でそれぞれ別の店舗として営業しています。デザイナーであるオーナー夫妻自らインテリアを手掛けた店内は、どちらもセンスあふれる空間。

 1階はカフェ+雑貨+ギャラリーの「Good goods cafe-好東西咖啡(ハオ・ドンシー・カフェ)」。手作りせっけんやフェアトレード製品などの雑貨を物色しつつ、のんびりとした時間が過ごせます。

コーヒーは150元から。ベーグルやサンドイッチなども人気。

 店の奥へすすめば、台湾大学が経営する農産品展示センターへ。

 台湾大学が作ったヨーグルト、アイスクリームのほか、お茶、台湾各地の有機野菜や有機食品、大学のノベルティーグッズなどなど、ひとあじ変わったお土産探しはいかがでしょう。台湾大学農学部所有の牧場の牛乳は、入荷するとすぐに地元の人が殺到して売り切れるほど人気です。

お土産充実の農産品展示センター。

 2階は「Café & Bistro 找到咖啡(ザオダオ・カフェ)」。

 広々とした店内からは台湾大学名物の椰子の並木を眺めることができ、南国を感じながら美味しい食事や飲み物のいただける素敵スポットです。1階は毎朝7時開店なので、平日のモーニングにも最適。2階は夜10時まで開いており、ビールやスナックも充実。用途によってフロアを使い分けてもいいかもしれません。

左:1階では朝食がおすすめ。
右:2階はアルコールもあり。

「好東西咖啡」(1F)・「找到咖啡」(2F)
所在地 台北市羅斯福路四段1號 新月台
交通 MRT公館駅より徒歩約5分
電話番号 +886-2-2367-7997(好東西咖啡)、+886-2-2367-9456(找到咖啡)
営業時間 7:00~20:00(好東西咖啡)、10:30~22:00(找到咖啡)

<次のページ> アート×文学な空間で憩う

2015.09.22(火)
文・撮影=矢作晃之

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!