村上春樹さんの「熊本旅行記」をめぐる ちょっとしたこぼれ話

村上春樹さんの「熊本旅行記」をめぐる ちょっとしたこぼれ話

帰ってきた「東京するめクラブ」 
都築響一さんが見た村上春樹さんの旅

CREA2015年9月号(8月7日発売号)「本とおでかけ。」の巻頭企画として、村上春樹さんの書き下ろし旅エッセイが掲載されています。原稿用紙にしておよそ55枚、24ページにわたるボリュームです。

 熊本への旅のメンバーは、村上さん、写真は都築響一さん、案内人はエッセイストの吉本由美さん。そう、あの「東京するめクラブ」のメンバーです。

 今回は都築響一さんがこの旅について、ちょっとだけこぼれ話をご紹介します。

「東京するめクラブ」リユニオン・ツアーin熊本

朗読会が開かれた「橙書店」近くの街並み。

 たまに若い村上春樹ファンが、「都築響一って村上春樹と知り合いらしい!」とか驚きのツイートをしていて、驚かれても困る気持ちが半分、申し訳ない気持ちが半分。実際は、村上さんとは2~3年にいちど会えたらいいくらいだし、吉本由美さんとはかつて同じ出版社の、別の階で仕事をしていながらご一緒することもなく、むしろ飲み屋で会うことのほうが多かった。最初に会ったころ、作詞家の吉元由美さんと混同して(一字違い)、めちゃくちゃに怒られたりもした。

 そんな3人が珍しく長い時間を一緒に過ごしていたのが、2002年から04年にかけて「東京するめクラブ」で日本と世界の辺境、というよりツウな旅人がバカにする場所ばかりを旅していた時期だった。今回はその11年ぶりのリユニオンということになるわけで、それも熊本だけで4泊5日という日程である。ふつうの雑誌取材なら2日間くらいで走り抜けてしまうところを、世間的に言えばすでに初老の域に達した我らは、ゆっくり歩いて回ったのだった。

 JRによれば、フルムーンとは「ふたりあわせて88歳以上」の熟年夫婦を指すらしい。こちら3人、とうにオーバー・ザ・フルムーンのお気楽旅行で、唯一旅行前から、旅行中も、旅行後も気にかけたのは「機密保持」だった。

<次のページ> 朗読会を開いた「橙書店」の気苦労は如何に

2015.08.13(木)

文・撮影=都築響一

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2015年9月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

CULTURE} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ