今日の絶景

今日の絶景

第3ターミナルの開業で注目を集める
日本最大の国際空港の未来とは?

Magnificent View #675
成田国際空港(日本)

(C) Jose Luis Stephens / Masterfile / amanaimages

 開港以来、日本の玄関口としての役目を果たしている成田国際空港。2014年の発着回数は22万9581回、旅客数は3559万人を超える、日本最大の国際空港だ。

 この空港の建設が検討されたのは高度経済成長真っ只中の1960年代。1964年に東京オリンピックが開催され、海外旅行も自由化。さらに国際輸送の需要が増したことや、ジャンボジェット機が導入されたことから、既存の東京国際空港(羽田空港)がしだいに手狭となり、新空港の建設計画が立ち上がったのだ。

 その後、建設に反対する闘争など紆余曲折を経て、1978年に開港。当初の正式名称は「新東京国際空港」だったが、2004年の民営化に伴い、現在の名称になった。

 ここ数年は、羽田空港の再国際化による影響も気になる成田空港。だが、2015年にはLCC専用ターミナルや国内空港最大の免税ブランドモールも誕生し、注目が集まっている。

2015.08.06(木)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ