Magnificent View #674
フォースブリッジ(イギリス)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 スコットランドの首都エディンバラの近郊にあるフォースブリッジは、美しさと丈夫さを兼ね備えた橋。2015年、世界遺産にも登録された。

 フォース湾に架かる全長2530メートルのこの橋が完成したのは、1890年のこと。当時最高の技術を結集して建設され、使用した鋼材は5万1000トンと、前例にない膨大な量。完成後は、巨大な怪物が足をふんばったように見えるその姿から、「鋼の恐竜」というニックネームまでつけられた。

 これほどまで強固な橋にこだわったのは、当時、スコットランドでは強風による落橋事故が相次いでいたため。なかでも、1879年に嵐が原因で起きたテイ橋の落橋事故は多くの犠牲者を出し、橋の安全性が叫ばれていた。

 こうした事故を省み、フォースブリッジは、すべて鋼鉄で建設。完成して100年以上たった今も現役で使用されていることが、頑丈であることのなによりの証となっている。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2015.08.05(水)
文=芹澤和美

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!